PR

「幾何学模様」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「幾何学模様」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

普段から幾何学模様を取り入れていますか?

幾何学模様とは三角形や丸などの図形を組み合わせて作られている模様で、日本では亀甲(きっこう)や七宝(しっぽう)つなぎなどが知られています。

スピリチュアルで縁起がよい幾何学模様の意味や効果について、把握してみることにしましょう。

「幾何学模様」のスピリチュアルでの象徴や意味

古来より日本はもちろんとして、世界中に多くの幾何学模様が誕生してきました。

図形や幾何学模様は単純な装飾ではなくスピリチュアルな意味があり、それを連続させることで大きな効果をもたらすものです。

邪気を払う力のあるもの、身体を癒やすもの、金運を上昇させるものなどがあります。

要するに神社のお守りと同じような意味や効果を持っているのが幾何学模様です。

そうした幾何学模様は、古くから着物、床面、壁紙などあらゆるところに使われています。

幾何学模様を自分にとって必要なところに取り入れることで、日常に平穏や幸福を得ることになるでしょう。

「幾何学模様」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが幾何学模様で飾りたいと思ったら、「邪気を祓って幸福が得られるよ」「望むご利益が得られるよ」「自分を高めることができるよ」というメッセージです。

幾何学模様の取り入れから人生が好転することも期待できます。

「幾何学模様」のスピリチュアル的な解釈

どんな幾何学模様でも良いわけではなく、良い意味の種類を選ぶことが重要です。

いまの自分にとって必要なものを、じっくりと選んでみてください。

「幾何学模様」いい意味での解釈

衣服や持ち物に幾何学模様を取り入れたら、厄を祓いラッキーを得ながら行動ができることになります。

家に幾何学模様を取り入れるのは、家に厄除けや幸福をもたらすことです。

例えば重要視される玄関、リビング、水回、寝室などに、相応しい意味の幾何学模様を取り入れてみてください。

和風の幾何学模様は無数にあり、日本人と相性が良いので積極的に選んでみたいものです。

例えば亀甲は亀の甲羅を六角形にして並べたもので、幸福や長寿の力があります。

七宝(しっぽう)つなぎは丸を繋げたデザインで、財運を高めて四方を安泰とする意味です。

市松模様は四角を並べたもので、子孫繁栄や事業繁栄の力を得られるようになります。

「幾何学模様」悪い意味での解釈

西洋発祥の幾何学模様には、魔界や悪魔の意味を持つものがあります。

それを取り入れると悪魔と契約したことになり、悪魔や悪霊などの良くない存在や、悪いエネルギーを引き寄せることになるので注意してください。

まとめ

世の中に幾つも存在数幾何学模様とは、厄除けや幸福などスピリチュアルな威力を持っているものでした。

自分に必要な幾何学模様を選んで取り入れたら、運勢は向上することになります。

幾何学模様には妙なものもあるので、その意味をきちんと読み取って選ぶことが大切です。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする