「建御雷之男神」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「建御雷之男神」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

「建御雷之男神」の持つ「スピリチュアル的な意味・象徴・メッセージ」について詳しく説明していきます。

「建御雷之男神」のスピリチュアルでの象徴や意味

「建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)」はスピリチュアルな世界では、「雷雨・台風などの自然現象をコントロールできる雷神」「戦争・争いごとにおいて必ず勝利を授けるとされる剣の神(武神)」を象徴しています。

「建御雷之男神」「国譲り神話でタケミナカタに勝利した相撲の元祖」でもあり、「フィジカルなスポーツや勝負ごとにおいて勝利の確率を大きくアップさせてくれる」といった嬉しい意味合いも持っています。

「建御雷之男神」のスピリチュアルメッセージ

「建御雷之男神」のスピリチュアルメッセージは、「出雲の国譲りで建御雷之男神が天照大神のエージェントとして立派な役割を果たしたように、あなたも会社・組織のエージェントとして比類なき成果を上げる交渉・商談ができます」になります。

「建御雷之男神」は、「自然の猛威による被害を受けることなく、安全な環境で仕事・対人関係に専念することができます」といったスピリチュアルメッセージも伝えています。

「建御雷之男神」のスピリチュアル的な解釈

「建御雷之男神」のスピリチュアル的な解釈には、「いい意味の解釈」「悪い意味の解釈」があります。

それぞれの意味の解釈を分かりやすく紹介していきます。

「建御雷之男神」いい意味での解釈

「建御雷之男神」のいい意味での解釈は、「相撲の名人でもある建御雷之男神の恩恵を受けて、身体を使う勝負・仕事・スポーツにおいて素晴らしい成績を収めたり勝利を勝ち取ったりできる運勢」になります。

「建御雷之男神」は、「あなたが何か重要なイベントに参加しようとするときには、穏やかな天気・快晴の天気に恵まれる」といったポジティブな意味も示唆しています。

「建御雷之男神」悪い意味での解釈

「建御雷之男神」の悪い意味での解釈は、「暴力的なエネルギーが鬱積しすぎて、対人トラブルでキレやすくなっている現状」を意味しています。

「短気は損気」ということわざがあるように、どんなに頭にくるようなことを言われても、先に手を出したほうが社会的損失が大きくなってしまいます。

「他者の失礼な仕打ちにも耐える忍耐心」を鍛えることで、対人運を回復させながら「社会的・経済的な運気運勢のアップ」に期待できるようになるでしょう。

まとめ

「建御雷之男神」「スピリチュアル的な意味」を分かりやすく解説しましたがいかがでしたか?「建御雷之男神」「象徴・スピリチュアルメッセージ」について詳細をリサーチしたいという人は、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました