PR

「建部大社」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「建部大社」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

旅に出てみたいと思うこともあるもの。

建部大社のスピリチュアルパワーを見ていきましょう。

「建部大社」のスピリチュアルでの象徴や意味

近江を代表する立派な神社が建部大社です。

「たけべたいしゃ」と読み、多くの参拝客が訪れる大きな社となっています。

源頼朝にゆかりのある神社なので、出世祈願、ビジネス運のアップ、そして開運や縁結びにご利益のあるスポットになっています。

鳥居をくぐると雰囲気のいい石灯籠がならんでいます。

石灯籠には「邪気を払って、良き道を照らしてくれる」というパワーも込められているので神聖な気持ちで歩いていきましょう。

清々しい気が社の全体にあふれているので、いつ行っても元気をもたらしてくれます。

「建部大社」のスピリチュアルメッセージ

建部大社は源頼朝と、日本武尊がまつられている由緒正しき神社です。

幻の千円札と呼ばれる、日本で初めて作られた千円札に、こちらの神社の風景が映し出されています。

そのため建部大社に参拝すると出世運や金運が上がっていくといわれています。

これからの良いことを期待して、清らかな心でお参りしましょう。

また境内には「願い石」と呼ばれるパワースポットも。

四角い桝に美しい石が並んでいるので、こちらを持ち帰って願い事を書くと、その思いに神様が答えてくれます。

縁結びや開運の神様もお住まいなので、願いを込めて参拝に訪れてみましょう。

「建部大社」のスピリチュアル的な解釈

建部大社のいいお知らせと、注意点をお伝えします。

「建部大社」いい意味での解釈

境内には清らかな水が流れていて、健康運アップに役立ってくれます。

また水にゆかりのある社なので、水占いという面白いおみくじも授与されています。

水の上に浮かべると文字があらわれる仕組みになっていて、これからの方向をぴたりと当ててくれます。

迷いが生まれた時には、ぜひこの水占いのおみくじから良い言葉を受け取ってください。

「建部大社」悪い意味での解釈

境内には君が代のモデルになった、さざれ石が展示されています。

さざれ石は長い年月かけて作られる、自然のアートのこと。

延命長寿、厄除けのパワーを持っています。

残念ながらこちらの石は持ち帰れないので、ゆっくり手をあわせて、そのパワーを全身で受けとめてみてください。

まとめ

建部大社にまつわる、幸せのサインを見てきました。

近くを訪れた際には、ぜひ神様の力を感じに出かけてみてください。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする