PR

「彩雲」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「彩雲」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

たまたま屋上に行った時に、美しい雲を見ることがあります。

彩雲のスピリチュアルサインを見ていきましょう。

「彩雲」のスピリチュアルでの象徴や意味

虹色の雲を見かけることがあります。

太陽の光を反射して、まるで鏡のように七色に光っているので呼吸するのも忘れてしまいます。

スピリチュアルの世界で彩雲は「光り輝く未来」をあらわします。

古来から彩雲は、神様の雲と呼ばれて崇められていました。

めったに出てこない雲なので、見ると永きにわたって幸せを授かるといわれています。

とても尊い現象なので、一生に一度あるかないかの幻です。

明るい気持ちを抱きしめて、未来に飛んでいきましょう。

「彩雲」のスピリチュアルメッセージ

雲の上に七色のフィルムをあてがったように、美しく見える彩雲。

神様がつくった芸術作品と思えるくらい、艶やかな姿をしています。

彩雲は「不浄をとかし、幸せを呼び入れる」ご利益もあります。

虹色の雲があなたの運命を清めてくれ、吉兆に導いてくれます。

あなたの未来は宝石のように美しく輝いているので、何も心配せずに向かってみてください。

運気が好転していき、いい縁談に恵まれたり、幸せな家庭に進んでいったりします。

「彩雲」のスピリチュアル的な解釈

艶やかな雲を見ると、神聖な気持ちになります。

彩雲にまつわる、いいお知らせと注意点を見ていきましょう。

「彩雲」いい意味での解釈

彩雲は仏様や神様をあらわす、とても恭しい雲です。

悟りをひらいたお釈迦様が生まれた際にも、頭上には彩雲が出ていたとされています。

仏様や神様があなたの現在を応援して、背中を押してくれています。

孤独になるとつい悪いことを考えてしまうこともありますが、今のあなたは大丈夫。

「みんなが応援してくれている」と思い、力強く前進していきましょう。

望みは何でも叶うし、あなたの夢はすべて実現していきます。

「彩雲」悪い意味での解釈

彩雲が出た後にすぐに黒雲に包まれて、大雨が降ることもあります。

天気の急変が起こったら「足元に気を付けなさい」というメッセ―ジです。

とくにお金の貸し借りは、トラブルにつながることも。

金の切れ目が縁の切れ目とならないように、丁寧に取り計らいをしてみてください。

まとめ

彩雲にまつわる、幸せのジンクスを見てきました。

美しい雲には見る人を幸せにしてくれる、素敵なご利益があります。

明るい答えを知って、より美しい未来を手に入れてください。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする