「御金神社」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「御金神社」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

明治の頃から京都で屈指の金運スポットになったのが、二条城の近くに鎮座する御金(みかね)神社です。

マンションの多い街の中をゆくと、突如として黄金に輝く鳥居が出現します。

御金神社に参拝することで金運を大上昇させられるとのことで、京都の旅行ではぜひ訪れたいところです。

「御金神社」のスピリチュアルでの象徴や意味

明治16年になり田中庄吉が金山毘古命(かなやまびこ)を祭神として、自宅の庭に神社を創建したのが始まりです。

金山毘古命は鉱山や鉱物や金属の神さまであり、硬化を始めとするお金の神さまとしても知られています。

御金とはお金のことを表す命名です。

そのため京都では、金運を上昇させる象徴的なスポットになっています。

「御金神社」のスピリチュアルメッセージ

これから御金神社に参拝することで得られるメッセージは、「願えばお金のご利益があるよ」というものです。

競馬や宝くじなどのギャンブルや資産運用にもよく効き目があり、金属に係わる仕事に携わっているならば効果は格段に上がるでしょう。

「御金神社」のスピリチュアル的な解釈

その金運のご利益を得る方法は、御金神社には色々と存在しています。

単純に参拝するよりも、幾つも組み合わせることによって金運はますますアップするのが通常です。

「御金神社」いい意味での解釈

境内に入ると、イチョウ型の絵馬が目に付きます。

絵馬にお金のお願いを記入することで、神さまに願いが届きやすくなるでしょう。

手水舎でお金を洗うと、お金が増えると信じられています。

授与所にある黄金色のお守りや、御神木となっている樹齢200年のイチョウの葉っぱは、手に入れると金運を呼ぶアイテムです。

そして「福さいふ」という布製のお財布もおすすめします。

福さいふにお金を一晩寝かせておくと、金運を招いて商品価値以上のものが手に入ると言われていためです。

1年経過したら御金神社に返却することで、お金のご利益が大きくなると言われています。

「御金神社」悪い意味での解釈

じつはご祭神である金山毘古命がどんな神さまであるかを知らないと、しっかりと金運を得られないかもしれません。

この神さまの本来の性質をしっかりと理解してから、参拝してみてください。

まとめ

金ピカな鳥居のある御金神社は、お金のご利益が得られるスポットでした。

境内では絵馬やお守りやイチョウやお財布など、各種のアイテムを使ってご利益を高められます。

京都に行くなら忘れずにお願いしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました