「心が重い時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「心が重い時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

今日は心が重たいと感じてしまったのは、いつのことでしたか?心が重いとは、言い変えれば気が重たいとか、モヤモヤするといったものです。

心が重たいと行動も重たくなるものですが、スピリチュアルな観点で言うとこの現象には重要な意味が入っているようです。

「心が重い時」のスピリチュアルでの象徴や意味

なにか心が重たいということは、ストレスを感じていたり、悪いエネルギーが滞っていることを意味しています。

心が重たくなる時というのは、思い通りに行かない時です。

悩ましい問題が解決しなかったり、頑張っても結果が得られなかったり。

何かを新たに始める時や、やり直しをする時、本心とはズレた行動をする時、あるいは人を傷つけたくないのにいじめに参加する時も心が重たいかもしれません。

また危険が迫っていることを無意識に予知していても、心が重たかったりすると言われています。

「心が重い時」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが心が重たいなと感じることがあれば、それは「ネガティブなほうに傾いているよ」とか「間違ったほうに進んでいるよ」というメッセージです。

また「気持ちを切り替えて行ってね」とも伝えられています。

「心が重い時」のスピリチュアル的な解釈

ある時から心が重くなったとしても、改善する方法はあります。

対応するのとしないのでは未来はまったく違うものになるので、心が重たい状態を改善する行動を取ることが大切です。

「心が重い時」いい意味での解釈

問題の原因にたどりついて改善していくことが、心が重たい状態から脱却するための方法になります。

しかし原因が不明なら、時間をかけて自分と向き合うことが良いです。

時間が解決してくれることもあります。

自分の問題点を紙に書いて、まとめてみるのも妙案です。

どうやったら解決するかの案も、思いつく限りまとめてみてください。

どこかに行こうとして心が重いなら、その行き先に危険があるかもしれません。

いつもより気を付けて進んだり、予定や移動方法を変えてみるのもアリです。

引き寄せの法則では、ポジティブを願えば良いものを引き寄せると言われています。

だからワクワクするような明るい未来を常に考え行くみると、心が重たい状態を治すことに繋がるでしょう。

「心が重い時」悪い意味での解釈

その心が重たい状態を放置していると、悪いエネルギーの滞留が継続してしまいます。

思い通りに行かなかったりするのも、繰り返されるかもしれません。

心が重たいままで進んで行くと、トラブルが発生しがちなこともあります。

まとめ

なんだか心が重いということは、ネガティブに傾いていることの現れであり、気持ちの切り替えが必要なメッセージでした。

自分と向き合って問題点を洗い出していくのはおすすめです。

そして間違った方向から、軌道修正をしていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました