PR

「思念」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「思念」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

「思念」とは、人が何かを強く思った時に発せられる、思考や感情です。

スピリチュアルでは、「残留思念」「思念伝達」といった言い回しで耳にする事も多いでしょう。

ここでは、「思念」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「思念」のスピリチュアルでの象徴や意味

「思念」は力を伴った思いであり、「思考」よりも外に向いており、他人に伝わる特徴があります。

科学的には脳波、スピリチュアル的には波動やオーラを媒介して伝わります。

発する側のパワーが強かったり、魂が共鳴しているような時は、より相手に伝わりやすく、影響を与え、時に操る場合もあります。

弱い意味であれば、日常的なコミュニケーション、友情、愛情、嫌悪といった言語外情報として伝わります。

原初は主たるコミュニケーション手段でしたが、言語が発達した事で無自覚なものとなっています。

「思念」のスピリチュアルメッセージ

「思念」そのものが、対人の様々なスピリチュアルメッセージを伝えます。

感性の強さ、弱さによって同じ内容でも伝わり方に差が出る場合はあります。

ここでいう「思念」は、万人が本来持っているもので、テレパシーのような超能力については、今回は扱いません。

「思念」のスピリチュアル的な解釈

「思念」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「思念」いい意味での解釈

「思念」に対して特に意識する事はないけれど、相手の感情を損ねて怒らせるような事はなく、自分の気持ちも良く伝わり、人のいないところで悪い気配を受け取る事もないなら良い意味です。

あなたの「思念」は適切にコントロールされ、心は概ね平穏に保たれています。

「思念」悪い意味での解釈

身近な人からの「思念」をしばしば感じ、それは概ね悪意であり、時には何もない場所で、強い残留思念による恨みを感じ、不調を来すような場合は、悪い意味です。

あなたは「思念」を受信する方に、極端に神経を向けています。

他人からの「思念」が悪意ばかりと感じるのは、「思念」に曝されすぎたあなたの魂が疲弊しているから。

弱った部分は、どんなにそっと触っても痛むものです。

このような時は、まず心を休めましょう。

「思念」の受信に偏るのは、多くの場合、人間関係に不安があり、聞き耳を立てている顕れです。

信頼出来る相手とだけ接し、パワーを取り戻せば、無闇に「思念」をキャッチして疲弊する事もなくなります。

まとめ

「思念」は、力を伴った思いです。

良い意味としては、適切に送受信出来ており、感情を伴う人付き合いが出来ています。

悪い意味としては、人間関係の不安から、過度に受信に偏った状態です。

このような時は、信頼出来る相手とだけ接し、心を休めれば送受信のバランスが取れていくでしょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする
スピリチュアル辞典:DearHome