「愚痴を聞かされる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「愚痴を聞かされる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

聞きたくもない愚痴を聞かされる時があります。

どのようなスピリチュアルサインがあるのか見ていきましょう。

「愚痴を聞かされる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

いつも誰かの愚痴を言っている人が、近くにいることもあります。

幼稚園のママ友、ご近所さん、会社の先輩。

口を開けば誰かの不平不満なので、聞いていて辛くなる日もあります。

スピリチュアルの世界で愚痴を聞かされる時は、波動が一時的に下がっている状態です。

誰かの文句や世の中への当てつけは、より低い方に流れていきます。

そして低い受け皿をいっぱい持っている時に、愚痴のはけ口にされることがあります。

ただこれはあくまで、暫定的なもの。

受け皿を高い場所に移していけば、はけ口にされることはありません。

あまり深く悩まず、できることから手を付けていきましょう。

「愚痴を聞かされる時」のスピリチュアルメッセージ

ある人から一方的な愚痴を聞かされると、耳にたこができるようで嫌な気持ちになります。

愚痴を聞かされる時は、あなたの波動が一時的に下がっているサインです。

悪い言葉はより低い方に流れていくので、たまたま低い場所にお皿を持っていると、そうした人が吸い寄せられるように集まってくることもあります。

もしあなたがそうした人を「うとましい」と思ったり「嫌だな」と感じたりするのであれば、受け皿を高い場所に置き直してみましょう。

忙しいふりをして席を立ったり、ポジティブで明るい人と一緒に行動したり、波動を高めることをおこなってみましょう。

受け流す強さを覚えるようになると、自然と心のお皿がリセットされて、嫌なことを言ってくる人が近寄りにくくなります。

邪気を追い払って明るく過ごしましょう。

「愚痴を聞かされる時」のスピリチュアル的な解釈

愚痴を聞かされる場合のいい解釈、そして注意点を見ていきましょう。

「愚痴を聞かされる時」いい意味での解釈

文句を言ってくる人が周りにいると「こんな風に生きてはいけない」と悪いお手本のように感じることもあります。

自分自身を正しい場所に戻していこうと、素直に思えるようになれます。

スピリチュアルの世界では、意味のないことは起こらないと考えています。

嫌な人が近くに来たのも「自分を律していくための、重要な出来事」のひとつ。

明るく学んで、あっさりと次に進んでみましょう。

「愚痴を聞かされる時」悪い意味での解釈

うんざりするくらい人の文句ばかり言う人は「写し鏡」という見方もできます。

あなたも誰かの悪口を言って、相手を嫌な気持ちにさせていないか考えてみましょう。

内省することで、運気も上がっていきます。

まとめ

愚痴を聞かされる時のスピリチュアルなメッセージを見てきました。

愚痴を聞かされる時は、一時的な波動の低下をあらわします。

意識して明るく過ごしていれば、この状態を抜け出していけます。

幸せのヒントを受け取って、元気に過ごしてください。

タイトルとURLをコピーしました