「手が重い場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「手が重い場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

あなたは日頃、自分の手の動きについて、考えたことはありますか?恐らくほとんどの方が無意識に動かして使っているでしょう。

ものを掴むところから始まって、日常生活の中、殆ど動かしている部位だと思います。

しかし、突然手が重くなってしまったらどうでしょう?肩こりからくるのかな?とか、気分的にやる気が出ないからなど、色々と理由は考えられますが、その重さ、もしかしたらスピリチュアルからのサインかもしれません。

ではどういった時にスピリチュアル的に重さを感じるのか、詳しく説明していきましょう。

「手が重い場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

手は何に対しても使われる部位ですよね。

例えば、誰かに自分の気持ちを伝えるときなども身振り手振りで表現することがあると思います。

また手当てという言葉がありますが、これは元々怪我をされた方などに、自分の手を当てて癒しを与えることからきていると言われます。

手は何か物を作る以外にも、自分の周りに愛情を与える効果もあるのです。

その手が重くなるということは、そういったエネルギーが枯渇していることを意味するのです。

「手が重い場合」のスピリチュアルメッセージ

手は心臓に例えられることがあるほど、重要な部位です。

その手が重たいということは、心臓をはじめ、あなたの体が疲れていることをメッセージとして伝えているのです。

普段頑張りすぎているあなたの体からは、無理をしてもマイナスエネルギーしか出てきません。

そうなれば、普段は癒しだけを与える手で、人を傷つけてしまう恐れもあるのです。

もし、重いと感じたのなら、無理せず少し休息をとりましょう。

「手が重い場合」のスピリチュアル的な解釈

重たい手を無理に動かしても、いい結果は生みません。

普段はたくさんの人に愛を届けるはずの手が邪気に侵されて、自分の真意とは違う形で動いてしまいます。

スピリチュアルはそういった事を読み取り、あなたに今できる最善の方法を示してくれているのです。

「手が重い場合」いい意味での解釈

自分は何もできないダメな奴だと自己否定をしてはいけません。

もし重みを感じるのであれば、それまでのあなたはそれだけ周りに愛と癒しを与えていたということです。

なので、ここでゆっくり休んでエネルギー補給をすれば、また、あなたは周りに癒しを与えられる存在になるはずです。

「手が重い場合」悪い意味での解釈

あまり続くようなら、神経的な病気の疑いも考えられるので、そういった専門機関で一度見てもらいましょう。

まとめ

手は人に癒しや優しさを与える部位です。

疲れを感じたら休むことも重要です。

タイトルとURLをコピーしました