「手が滑る時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「手が滑る時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

手が滑って食器を落としそうになるって、よくありますよね。

手が滑るというのは手に持っている物が手にフィットせず、落としそうになってしまうこと、あるいは落としてしまう出来事を言います。

中高年になって動作が鈍ったり不注意が影響していると言いますが、スピリチュアル的に手が滑るとは何を意味するのかを探ってみましょう。

「手が滑る時」のスピリチュアルでの象徴や意味

手が滑るとは、物を落とすことと似ているけれど、落ちそうで落ちない意味も含む現象です。

滑るとは足元が滑って転ぶことや、受験での失敗のことを言う場合もあります。

要するに手が滑ることによって、未来の危険が伝えられている象徴的な出来事です。

手が滑ったけれど落ちるのを回避できるのは、今後危険な出来事に遭遇しても、回避できたり救われることの暗示になっています。

人の波動が弱まっていて、集中力が切れたりる時に、手が滑りやすくなるようです。

また手が滑って物が落ちた場合、厄落としの意味があると言われます。

物が落ちることで身代わりとなり悪いことを回避しているわけで、縁起が良い出来事です。

しかし手が滑って落ちる場合、場合によっては不安なことが起きる前兆なこともあります。

「手が滑る時」のスピリチュアルメッセージ

もしある日手に持っていたものが滑って落ちそうになったら、「未来の危険は回避されるよ」というメッセージです。

落としてしまった場合でも、「厄祓いができたよ」と伝えられています。

しかし時には「何か危険が迫っているから気を付けて」というメッセージにもなるようです。

「手が滑る時」のスピリチュアル的な解釈

ある日に手が滑っても、その後どんな行動をするかで運勢は違ったものになります。

適切な対応をして、悪運から逃れるようにするのが良いです。

「手が滑る時」いい意味での解釈

箸や食器や文具などの普段使いのものが落ちそうで落ちなければ、未来の悪事も解決すると解釈ができます。

仮に手の箸が滑って落ちた場合でも、良いことが起きる前触れになっているようです。

手から滑り落ちたものは処分し、新調することで良いエネルギーを取り込むことに繋がると言われます。

1日に何度も手が滑って落ちるような時は危険の迫る現れですが、この場合も落ちた物を処分して悪運の連鎖を終わらせることができるかもしれません。

また手が滑って止まらない人は、神社のお守りなどラッキーアイテムを手にして、邪気を祓って幸福を招くことが良いです。

「手が滑る時」悪い意味での解釈

手に持った財布が滑ってしまうことは、あなたからお金が逃げていくことの暗示になっています。

お金の使い方を見直すべきでしょう。

また特定の人の持ち物を滑り落とした場合、その時点ではその人にあまり執着すると良くないことのサインかもしれません。

執着せず最小限の付き合いとすると良いです。

まとめ

何だか手が滑ってしまうことは、未来に危険が迫っても回避できることや、厄祓いができることのメッセージでした。

たまに手が滑るなら心配ないですが、何度も滑るなら凶事の予兆です。

運気を高める行動をして、災いから逃れたいですね。

タイトルとURLをコピーしました