「手が痺れる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「手が痺れる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

手がピリピリするなど、いつもとは異なる感覚を感じる日もあります。

手が痺れる時のスピリチュアルサインを見ていきましょう。

「手が痺れる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

金縛りにあったように、手の感覚がなくなる瞬間もあります。

いつもと違うように感じるので、何が起こったのか気になります。

スピリチュアルの世界で手が痺れる時は、あなたが頑張ってきたサイン。

他の人のために身を粉にして働いていると、手当をおこなった「手のひら」が熱くなって痺れてしまうことがあります。

人の気持ちに寄り添ってケアできるあなただからこそ、今度は自分のために動いてみましょう。

癒しの時間を自分のために見繕ってあげると、嫌な感覚がなくなっていきます。

「手が痺れる時」のスピリチュアルメッセージ

手がジンジンと痛くなることもあります。

不思議な感覚になったら「あなたの愛が、多くの人に届いている」という証拠。

あなたの優しい気持ちが、家族や恋人、そして大切な友達に送り届けられています。

善いことをいっぱい積んだというメッセージがあるので、前向きに感じてみてください。

また「手」は人を癒したり、慰めたりする、とても重要なセンサーが詰まっています。

あなたは生まれながらにして、多くの人を明るくさせる幸せな気質をもっている人。

これからはその優しさを、自分に向けてあげてください。

愛の循環がスムーズにおこなわれて、色々なことが明るく進んでいきます。

「手が痺れる時」のスピリチュアル的な解釈

手が痺れる時のいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「手が痺れる時」いい意味での解釈

手が痺れてしまうのは「浄化」という働きもあります。

エネルギーの停滞がおこっていると、魂がその部分を直そうとします。

その時にいつもとは異なる感覚を、感じてしまうことがあります。

嫌な感覚が続くのは不快なものですが「エネルギーが上昇している」前段階と思えば、明るく受けとめられます。

体の変化に寄り添って、いい道を歩いてみてください。

「手が痺れる時」悪い意味での解釈

手が痺れてしまい、辛い気持ちになることもあります。

もし不快な症状が続くようであれば、専門機関に診てもらうことも大切です。

一方で手の痺れには「ストレスの蓄積」というメッセージもあります。

働きすぎに気を付けながら、時には「自分のための休日」を設けてあげてください。

リラックスして、心の疲れを取っていきましょう。

まとめ

手が痺れる時の幸せのジンクスを見てきました。

手が痺れるのは、あなたの優しさと愛情があらわれています。

心の声に寄り添って、さらに大きな幸せを手にしてください。

タイトルとURLをコピーしました