「手に持った物を落とす時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「手に持った物を落とす時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

つるっと手が滑ってしまうことがあります。

手に持った物を落とす時のジンクスを見ていきましょう。

「手に持った物を落とす時」のスピリチュアルでの象徴や意味

電車でスマホを落としてしまうなど、手元が滑りやすい日もあります。

しょっちゅう物を落としていると「何か怖いことが起こるのでは」と気になります。

ただスピリチュアルの世界でこうした状況は「運気のアップ」としての役割があります。

落とした物があなたの大切な物であるなら、厄落としとしてのメッセージが高いです。

あなたの未来を予知して、悪い気を追い出そうとしています。

とくにコツンと鈍い音がしたり、キーと甲高い音が聞こえたりすると、その音域を利用して災厄が逃げていきます。

落としたこと自体はショックですが「悪い気がデトックスされて良い気が入っている」と思えば、明るく受けとめていけます。

「手に持った物を落とす時」のスピリチュアルメッセージ

手にした物を落としてしまうのは、あなたの運気が上がっていくことを教えています。

上から下に落とすことは、悪いエネルギーを浄化する作用があります。

運気がリセットされたので、これからのあなたは「今までとは異なるあなた」になっています。

災厄が追いはらわれて、心の隅々が明るくなっていきます。

「何も悪いことは起こらない」と思い、仕事や恋愛そして勉学に励んでみてください。

有名な神社でお祓いをした後のように、身辺がととのって気持ちがクリアになっていきます。

「手に持った物を落とす時」のスピリチュアル的な解釈

手に持った物を落としてしまう場合の、いい解釈と注意点を見ていきましょう。

「手に持った物を落とす時」いい意味での解釈

パスケースや鞄を落としてしまうのは、運気上昇の入り口です。

低迷していた運気を上に引き上げようとして、物たちがあなたに力を与えています。

体を張ってあなたの不運を追い払ってくれているので、その期待に応えるような行いをしていきたいです。

「手に持った物を落とす時」悪い意味での解釈

手に持った物を繰り返し落としてしまうのは、波長の乱れもあらわします。

目が泳いでいると心も不安定になって、手元のバランスが悪くなります。

リラックスした時間と頑張る時間のメリハリをつけて、心の安定を図っていきましょう。

波長が整って、行動が落ちついていきます。

まとめ

手に持った物を落とす時のスピリチュアルサインを見てきました。

このようなケースは、運気のリセットを示します。

大切な物があなたのために、厄落としをしてくれたようです。

幸せなジンクスを知って、明るく過ごしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました