「手の甲に火傷」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「手の甲に火傷」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

手の中心に、傷を負ってしまうことがあります。

手の甲に火傷のスピリチュアルサインを見ていきましょう。

「手の甲に火傷」のスピリチュアルでの象徴や意味

マグカップのお湯をこぼしてしまい、手の上に水ぶくれができる日もあります。

めったに起こらないことなので、どういった意味があるのか気になります。

スピリチュアルの世界で手の甲の火傷は「ゆるめましょう」というメッセ―ジがあります。

肩に力が入り過ぎていたり、体のあちこちに歪みが生まれていたりすると、緊張を解そうとしてこのような出来事が起こることがあります。

瞳を閉じて、余分な力を抜いていきましょう。

頑張り過ぎないこと、ストイックにならないことを頭に置いて、やさしい時間を過ごしてみてください。

「手の甲に火傷」のスピリチュアルメッセージ

目立つ場所に火傷してしまうと、ショックを受けます。

「次回から注意しないと」と落ち込んでしまいますが、あまり自分を責めないようにしましょう。

五本の指を支えている甲は、責任感や真面目さをあらわします。

会社のため、家族のため、世間のため。

何かを支えようとがんばっていると、ここが分厚くなってハリが生まれてきます。

一方でどこかに無理が生まれていると、手の甲を怪我することがあります。

手の甲に小さな火傷を受けたら、リラックスしてみましょう。

力み過ぎているボディをほぐして、しなやかに整えていきましょう。

何も考えずに昼寝する、ゆっくりバスタイムを楽しむ、お気に入りのハンドクリームで手をマッサージする、あなたがご機嫌になることをして、自分を癒してあげてください。

「手の甲に火傷」のスピリチュアル的な解釈

手の甲を火傷した場合のいい答えと、注意点を見ていきましょう。

「手の甲に火傷」いい意味での解釈

手の甲の負傷には「心のむくみが取れる」というメッセ―ジがあります。

あなたの魂に沈んでいた塵が、少しずつ無くなっていきます。

いらないものを外に追い出して、気持ちが整っていきます。

「手の甲に火傷」悪い意味での解釈

火傷の症状がひどい場合は、クリニック等で適切なケアを受けることも大切です。

もし痛みが強くて気になる場合は「休息」というメッセ―ジがあります。

無理して進んでしまうと、空回りしそうです。

今は「神様が与えてくれたお休み」と信じて、治療に専念してみましょう。

休めることはすべて休んで、まずはあなたの心と体を回復させてあげてください。

きっと運気が上がっていきます。

まとめ

手の甲に火傷をする時の解釈をお伝えしました。

このようなケースは「余分な力をぬく」という伝言があります。

いい答えを知って、あなたのレシピにしてください。

タイトルとURLをコピーしました