「手放すと入ってくる場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「手放すと入ってくる場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

捨てたり終わらせたりすると、巡り合える幸運もあります。

手放すと入ってくる場合のジンクスを見ていきましょう。

「手放すと入ってくる場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

何かを捨ててしまうと、反対に捨てた物以上のことが起きることがあります。

スピリチュアルの世界では、これは幸せの法則のひとつ。

神様があなたの行動を見ていて、それに見合ったご褒美を与えてくれています。

失くした分だけ何かが入ってくるというのは、当たり前のようであって実は偶然ではないのです。

スピリチュアルの概念で「手放す行為」「依存心を捨てること」を意味します。

例えば洋服を捨てるのは「この洋服があれば、きっと何かに役に立つ」という心の執着を消し去ることにつながります。

執着しなくなると心にゆとりのスペースが生まれて、容量も増えてきます。

その結果今まで得られなかった希望や幸せが、次々に入ってくるようになります。

「手放すと入ってくる場合」のスピリチュアルメッセージ

何かを手放して何かを得られるのは、あなたの心が良い方向に向かっているからです。

魂や心は定期的に掃除をしないと、疲弊してしまいます。

そのため物を捨てたり、執着していた人間関係に捉われなくなったりすると、心の領域が広がって新しい視点が手に入ることがあります。

例えば「こだわり」だと思っていた物は、ピントを変えると「ガラクタ」であることも多いもの。

何かに執着しすぎてガラクタに囲まれた生活になってしまうのは、ある意味とても気の毒です。

ネガティブな環境になっていると思ったら、得ることより手放すことに意識してみましょう。

それがすでに出来ているあなたは、人生の成功者です。

「手放すと入ってくる場合」のスピリチュアル的な解釈

何かを諦めると何かを手にする日もあります。

いい解釈と注意点を見ていきましょう。

「手放すと入ってくる場合」いい意味での解釈

手放すと聞いてすぐ思い浮かぶのが「断捨離」です。

断捨離とは、今いらない物を見極めて捨てる行為をいいます。

断捨離をすると心が研ぎ澄まされて、今の自分の気持ち、そして今の人間関係とまっすぐ向き合えるようになります。

「人生から逃げなくなった」と感じることも多いです。

適度に物と心を手放して、幸せをチャージしていきましょう。

「手放すと入ってくる場合」悪い意味での解釈

頑張って手放したのに、明るい幸福を感じられないこともあります。

そんな時こそ、ただ流れに身を委ねてみること。

「手放したこと」にいつまでも執着しないで、先のことを期待しすぎないようにしましょう。

期待しすぎることが無ければ、がっかりしたり不幸だと嘆いたりすることも減っていきます。

明るく軽いあなたでいれば、すぐに幸せは手に入ります。

まとめ

手放すと入ってくる場合のスピリチュアルサインを見てきました。

このようなケースは、明るい前触れを示しています。

依存心を捨てて、心の空きスペースを増やしてみましょう。

いいジンクスから、快適に生きるヒントを探してください。

タイトルとURLをコピーしました