「損な役回りばかりする時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「損な役回りばかりする時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

近頃は何だか損な役回りが多いなあと、思ったことがないですか?

会社では自分だけ雑用を命じられたり、自分だけやり直しがあったり、みんなミスしてるのに自分だけ上司に怒られたり。

損な役回りばかりなのは辛いことですが、それはスピリチュアル的には重要なメッセージになっています。

「損な役回りばかりする時」のスピリチュアルでの象徴や意味

人に比べても損な役回りが続く人というのは、自ら損な役回りを引き寄せている場合があります。

言いたいことが言えない、表舞台に出れない、ネガティブ思考、自己評価が低い、だけど周囲評価されたい。

そうした行動や気持ちが複合的に作用して、損を引き寄せるのです。

また自分が得することばかり考えていると、運気を低下させて幸福も人も離れて行くことになってしまいます。

人によっては前世からのカルマの影響で、損する人生になっている、言わば運命的な試練の意味もあります。

あるいは成長をするために必要な試練ということもできます。

「損な役回りばかりする時」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが最近損な役回りが続いてると気づいたなら、「自ら損になる状況を生み出しているよ」とか「周囲のことも考えて行動してね」といったメッセージです。

「この試練を乗り越えることで得な役回りに好転するよ」とも伝えられています。

「損な役回りばかりする時」のスピリチュアル的な解釈

そうした状態に陥ったとしても、抜け出す方法は存在しています。

実践すれば、時にはあっさりと損な役回りから解放されることもあるでしょう。

しかし損な役回りばかりな状態を放置することだけは、良くないことです。

「損な役回りばかりする時」いい意味での解釈

自分が得することだけ考えず、周囲の人のことも考えて行動することで、自然にお得な役回りが訪れることがあります。

そして自分の波動を高めることによって、損な役回りから脱出することができます。

不満やいらだちの原因をすっかりと解消し、自分の心を満たすことを心がけると良いです。

例えば趣味や食事などを充実させてみてください。

周囲のネガティブな影響を受けているなら、そこから離れて行くことでも損な役回りから抜け出せるようになります。

例えばあなたを損なほうばかり与えようとする場所や人から離れるだけで、ぜんぜん違った未来があるでしょう。

波動と人間性の高い人に付いていくことも大切です。

「損な役回りばかりする時」悪い意味での解釈

いまの損な役回りが続く状態を維持していると、エネルギーの低下を招いてしまい、結局は死ぬまで悪いことばかりが付きまとうことになります。

何処かで思い切った対処をしなければいけません。

まとめ

日常の場面で損な役回りがつづいてしまうのは、自分で生み出していたり、試練だったりすることがわかりました。

周囲のことを考えて行動したり、自分を高めることができれば運気は好転するはずです。

小さなことから改善を始めてみてはどうでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました