PR

「教科書」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「教科書」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

学生時代の「教科書」は重く鬱陶しいものですが、大人になると懐かしさを掻き立てるアイテムとなります。

共通の話題として盛り上がる事も多いでしょう。

ここでは、「教科書」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「教科書」のスピリチュアルでの象徴や意味

「教科書」は、何か学ぶ時の教材全般として呼ばれる事もありますが、通常は学校の「検定教科書」を指します。

これは政府が検定したもので、日本の「教科書」の検定基準では、「知・徳・体の調和」を冒頭に挙げています。

つまり、単なる知識を教え込むだけでなく、心身を育てる事が目的となっているのです。

検定者個々の差はあるものの、国民が子供を思い育てようとする、愛情や期待のエネルギーがこもったものと言えます。

「教科書」のスピリチュアルメッセージ

「教科書」に接した時の感情としてメッセージは顕れます。

第一印象と、使い終わった後、時間を経てからで変わって行く事もあります。

現物の場合の他、話題として顕れる、夢に顕れるといった場合もメッセージです。

「教科書」のスピリチュアル的な解釈

「教科書」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「教科書」いい意味での解釈

「教科書」に接した時、何だか重たく感じる、落書きした事がある、載っていた現象が現実に起きた、世代の違う人と記載内容について話す、「教科書」の内容が物足りず自分で調べる、しまい込んでいるがたまに見たくなる、といった場合は良い意味です。

「教科書」に込められた愛情を受け取り、良い学びが出来ています。

内容が物足りないと感じるのは、まさに「教科書」の想定通りです。

学校教育が教えるのは、「入り口がどこにあるか」なのです。

「教科書」悪い意味での解釈

「教科書」に接した時、絶望的な感覚、うんざりする、嫌な気分になる、何が書いてあるかほとんど分からなかった、必要なくなった瞬間に処分した、「教科書」を懐かしがる人が不気味に見える、といった場合はあまり良い意味ではありません。

学生時代に何かしら上手くいかず、トラウマ化した思いがあり、それが「教科書」への感情として象徴的に顕れています。

「教科書」に対するネガティブな感情で完結しているなら問題ありませんが、それはしばしば「学び」「教育」全体の拒否感となり、成長の機会を大きく減らします。

心に余裕のある時、「教科書」を使っていた時代に向き合いましょう。

本当に嫌だった事は、「教科書」や教育ではなく、もっと具体的な、特定の教師や人間関係という事も多いのです。

まとめ

「教科書」は、国民全体の、子供への愛情と期待のエネルギーがこもっています。

良い意味としては、愛情を受け取り、教育が受けられている状態です。

一方、「教科書」にネガティブな感情を抱いている場合、それだけなら問題ありません。

「学び」自体に拒否感を持っているなら、自分と見つめ合うと良いでしょう。

嫌だったものは、教師や人間関係など、具体的なものだった場合が多いのです。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする
スピリチュアル辞典:DearHome