「日吉大社」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「日吉大社」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

「日吉大社」の持つ「スピリチュアル的な意味・象徴・メッセージ」について詳しく説明していきます。

「日吉大社」のスピリチュアルでの象徴や意味

「日吉大社」はスピリチュアルな解釈では、「平安京・比叡山延暦寺を長年にわたって守護してきた歴史から、最強レベルの厄除け・魔除けの効果」を象徴しています。

「日吉大社」は、「不幸や被害を遠ざけくれるスピリチュアルなパワー」を暗示しています。

祭神である大山咋神(おおやまいくのかみ)の使いが猿(神猿)であることから、「縁結び+子孫繁栄のご利益」「魔が去る(災難が去る)+勝る(勝負ごとに勝つ)」の意味合いもあります。

「日吉大社」のスピリチュアルメッセージ

「日吉大社」のスピリチュアルメッセージは、「北東の鬼門からやって来るあらゆる災いを避けてくれるため、これから暫くは病気知らずで健康そのものになり、仕事も恋愛も順調を極めるでしょう」になります。

「日吉大社」は、「歴史のあるものや神仏に関連するものに対する尊敬の念を忘れないことで、災厄を避けて勝利を我が手にすることができます」といった嬉しいスピリチュアルメッセージを教えてくれています。

「日吉大社」のスピリチュアル的な解釈

「日吉大社」のスピリチュアル的な解釈には、「いい意味の解釈」「悪い意味の解釈」があります。

それぞれの意味の解釈を分かりやすく紹介していきます。

「日吉大社」いい意味での解釈

「日吉大社」のいい意味での解釈は、「神猿の加護を受けることによって恋愛運が好調となり、パートナーと家族から愛される人生を生きやすい運気になる」という解釈ができます。

「日吉大社」は、「比叡山延暦寺の守護をしてきた歴史から、あらゆる悩みや迷いを消し去るような解脱の境地に近づいていける」といった素晴らしい意味合いも備えています。

そこまでの境地に至れなくても、「日常生活や人間関係の苦悩」の多くが軽減していくでしょう。

「日吉大社」悪い意味での解釈

「日吉大社」の悪い意味での解釈は、「神猿をいじめたり軽視したりすることによって、神仏の加護を受けられず病気や事故の災難に遭いやすくなるリスク」になります。

「日吉大社」は、「神様・神猿を崇拝する純粋な心を持てば持つほどに、悪い結果をもたらす病気・貧苦・災害などを遠ざけてくれる」といった意味合いを持っているのです。

神社や寺院のような古いものを尊重することで、「落ちていた健康運・金銭運」が回復しやすくなるでしょう。

まとめ

「日吉大社」「スピリチュアル的な意味」を分かりやすく解説しましたがいかがでしたか?

「日吉大社」「象徴・スピリチュアルメッセージ」について詳細を調べたいという人は、この記事の解説をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました