「日本武尊」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「日本武尊」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

歴史にあまり詳しくない人でも、日本武尊(やまとたけるのみこと)の名は聞いたことがあると思います。

日本武尊は景行天皇のいた弥生時代の皇族で、当時日本列島を歩き回り、従わない賊を退治して周った伝説の人物でした。

日本武尊がもたらしてくれる、スピリチュアルな力に迫ってみることにしましょう。

「日本武尊」のスピリチュアルでの象徴や意味

当時向かうところ敵なし状態で各地を平定して周り、神人(かみ)とまで呼ばれた日本武尊は、まさに究極の武人の1人です。

そのため日本武尊に拝むことで、厄除け、戦勝、武運長久、開運招福、家内安全などのご利益があるといいます。

また草薙(くさなぎ)の剣によって炎を退けたので、火災除けのご利益がある神さまです。

そして彼のおかげでお金儲けができたので、商売繁盛や出世に繋がるとも言われています。

エネルギーを上昇させて運気好転や幸福をもたらしてくれる、万能の神さまなのです。

「日本武尊」のスピリチュアルメッセージ

もし日本武尊に縁がある場所を訪ねたならば、「勝利や開運をもたらすよ」とか「火災などの災いを全て取り除くよ」といったメッセージを受けます。

また「あなたの人生を好転させるよ」といったことも伝えられて実現に向かうでしょう。

「日本武尊」のスピリチュアル的な解釈

各地に数え切れないほど、日本武尊に関わる名所があるので、訪ねてみることをおすすめします。

ただ日本武尊の名所については、怖い場所もあるとのことで気をつけたいものです。

「日本武尊」いい意味での解釈

むかしから日本武尊に縁のある神社に参拝すれば、大きなご利益を受けられると言われてきました。

日本全国にそんな神社は50か所以上もあります。

有名どころでは狼伝説のある埼玉の三峯神社や、日本武尊の魂の化身である白鳥が降り立った大阪の大鳥大社などです。

また日本武尊が歩いたり過ごしたという、伝承地を訪ねるのも良いです。

愛知や滋賀の腰掛石、大蛇と戦った伊吹山など数え切れないほど存在しています。

酉の市は日本武尊を祀る11月の盛大なお祭りで、訪れることで商売繁盛や開運などを実現できるので是非訪れてみてください。

「日本武尊」悪い意味での解釈

本来は日本武尊のご利益を受けられる場所だったのに、現在では呪いや恐怖の存在になっているところもあります。

訪れたら運気低下を招いてしまうでしょう。

例えば群馬県のみどり市にある武尊神社は、ずっと前に廃神社となった心霊スポットです。

ここは老婆の霊が出たり呪われるなどと言われ、近隣住人に怖れられています。

そして日本武尊の縁の地を訪ねるにしても、彼の人生を知らなければご利益は薄いものになってしまうのは言うまでもありません。

事前に「日本書紀」「古事記」の記述を熟読することをおすすめします。

まとめ

勇猛な武人だった日本武尊とは、勝利や開運や幸福などあらゆるご利益をもたらしてくれる神さまでした。

探してみれば近所にも日本武尊の伝承地があるかもしれません。

ご利益のありそうなパワースポットを訪ねて、日本武尊のエネルギーを受け取ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました