「明治神宮」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「明治神宮」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

いま日本で一番人を集める神社と言えば、東京の渋谷区にある明治神宮です。

初詣の参拝者は300万人を超えて日本一で、22万坪もの広大な境内は樹木で満たされてまさに都会のオアシスとなっています。

そんな明治神宮は都内屈指のパワースポットであり、スピリチュアルな効果も強いところです。

「明治神宮」のスピリチュアルでの象徴や意味

立派な本殿で祭神となっているのは、明治天皇と昭憲皇太后です。

亡くなってすぐに創建されて、明治天皇は神さまとなりました。

明治天皇は戊辰戦争や日清戦争などを勝利に導いたと言われるため、勝利の象徴でした。

そのため厄払いの威力があり、勝ち運や合格祈願の神さまとして知られます。

明治天皇は皇后との間柄を始めとし家族関係は良く、平和を祈願して誕生したので家内安全や平安成就や縁結びのご利益も期待できるところです。

そして明治維新により日本を発展させたので、商売繁盛の力もあるといいます。

「明治神宮」のスピリチュアルメッセージ

ある日に明治神宮に参拝する機会があれば、「悪いものは消し去り成功に導くよ」というメッセージがあります。

そしていろんなご利益によって「運気を好転させるよ」というメッセージもあるため、人生を変えたい人にもぴったりです。

「明治神宮」のスピリチュアル的な解釈

本殿のご利益があるだけでなく、明治神宮は敷地内に幾つもの見どころがあります。

そうした見どころにはご利益スポットもあるので、お出かけした時には見逃せません。

「明治神宮」いい意味での解釈

広大な人工林の中にはぐるりと参道が取り巻いています。

散策すれば森林浴となって、都心部では何処よりもずっと癒やしの効果を得られるところです。

拝殿近くには夫婦楠という御神木があり、触れることによって夫婦円満や恋愛成就のご利益があると言われています。

北の宝物殿のそばには亀石という見どころもあり、亀は古来より長寿の象徴で金運をもたらす象徴でした。

そのため亀石に触れることでご利益を得られると言われています。

「明治神宮」悪い意味での解釈

客殿の近くには加藤清正によって掘られたという清正井があって、パワースポットとして近年話題になりました。

地下から湧き出す清正井の水は毎分60リットルと豊富で、浄化作用や幸福を引き寄せるが強いと言われています。

そんな話題の清正井ですが、何故か霊気が強すぎるために参拝すると悪いものまで付くとの話がまことしやかです。

人によっては清正井で撮影したら怖い写真が撮れたとか、解雇されたり人間関係のトラブルが起きたとも言われます。

特に霊感が敏感な方は清正井に行くのは止めておいたほうが良いかもしれません。

まとめ

都心の明治神宮に参拝することができれば、厄除けや勝負運を付けられ、さまざまなご利益を享受できることもわかりました。

しかも境内には幾つもの見どころがあるのも魅力的。

お出かけすれば心身のリフレッシュもできそうですね。

タイトルとURLをコピーしました