「星田妙見宮」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「星田妙見宮」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

皆様は『星田妙見宮』という神社をご存知でしょうか?大阪にある神社でそこは、日本でも二番目に古い隕石落下地点だそうです。

それだけでもパワーがありそうですが、そこには30を超える神様がいらっしゃるとか。

では、どんなスピリチュアルパワーがあるのか、見ていきましょう。

「星田妙見宮」のスピリチュアルでの象徴や意味

まずは星田と言われるように北斗七星を神格化した神様がいらっしゃいます。

そして、北斗七星はその位置で自分のいる場所がわかるところから、行き先を示してくれる星です。

なので、道開きの神様として、崇める方も多くいらっしゃいます。

また、七つの星の中から、自分を守ってくれる守護星があり、その星にお参りすることにより、より一層のエネルギーを授かることができるとされています。

それらは、自分の生まれた日からわかるそうですが、健康や寿命を司る『本命星』と一生の運気を司る『元辰星』があるので、必ず両方へのお参りをしましょう。

「星田妙見宮」のスピリチュアルメッセージ

人間の住んでいる場所には、足元に鬼神たちがいて、不摂生な生活や、不道徳な行いを繰り返していると、その家ごと、観念されてしまうことがあります。

中には、その穢れた気で家庭内が不仲になったり、原因のわからない病気がちになったりすることがありませんか?そういった場合に、『太上神仙鎮宅七十二霊符』というものがあり、72ある人の厄災から守っていただける非常にありがたい護符があるとのことです。

星田妙見宮には、30以上もの神様がいらっしゃって、それぞれに役割があり、その集合体となっているため、非常に強い力を持っているのです。

「星田妙見宮」のスピリチュアル的な解釈

星田妙見宮に落ちた隕石はもしかしたら、異次元からの神の使いかもしれません。

苦しんでいる私たちを助けるために使わされた星。

そして、そこに神達を集め、あらゆる厄災から救おうとしてくれています。

また、厄災から救うだけではなく、自分たちが進む正しい道を照らし、幸せになる道を開いてくれます。

もし、あなたが進む道に迷いを感じたのなら、一度お参りに行って見るのもいいかもしれません。

「星田妙見宮」いい意味での解釈

沢山の神様がいらっしゃり、また、自分の星を見つけることができるので、強力なパワーが得られます。

「星田妙見宮」悪い意味での解釈

強力なパワーは時として、自分に跳ね返ると、大きな痛手を被ります。

道に外れたことはしないようにしましょう。

まとめ

ここの霊符で実際に体調が良くなった人もいると聞きます。

今現在自分が不調だと思う方は是非足を延ばしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました