「時計が止まる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「時計が止まる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

家の時計が止まっていると、「あれ?もしかして停電があった?」など、思った事がありませんか?でもその現象、ただの停電ではないかもしれません。

時を止めるというのは、スピリチュアル的には重大なメッセージなのです。

「時計が止まる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

時計が止まるということが、その人の生死にかかわることもあります。

良く震災などで、その時間に時計が止まっていることがありますよね。

それが、本当に震災によるものなのか、それとも、その前にとまってしまったのか?どちらにしても時計が止まった位置というのは、それほど大きな変化をもたらすとされています。

もし、身近な時計が止まってしまっていたら、是非、修理をして、再び動くように戻しましょう。

そうすることで、あなたの人生が再び歩み始めることでしょう。

「時計が止まる時」のスピリチュアルメッセージ

時計が止まるのは、不安を招きますよね?「実際、今何時なのか?」とか「約束の時間が過ぎていないか?」など。

でも、その止まってしまった時刻の数字によって、何かしらのメッセージを送っているのかもしれません。

今からあなたに起こることに対しての、心構えのようなメッセージ。

例えば、今の状況があまりよくなくても、ここから、上向きになるとか、あなたがポジティブでいることで願いが叶うなど。

そのメッセージはあなたのご先祖様からかもしれませんし、また異次元からの力かもしれません。

どちらにしても、その止まった時間に注目してみてください。

何かを伝えてくれているかもしれませんよ。

「時計が止まる時」のスピリチュアル的な解釈

時計が止まってしまうと、良くても、悪くても、そのことに意識が向きますよね。

なぜ止まってしまったのか?どうして、この時間にとまったのかなど。

スピリチュアル的には、止まった時間や原因すべてに意味があると言っています。

もし、時計が止まっていることに気づいたのなら、そのことについて、自分自身を振り返ってみてください。

周りに不貞を働いていないか?また、親族への連絡を怠っていないかなど、振り返ることによって、その止まった原因がわかるかもしれません。

「時計が止まる時」いい意味での解釈

時計が止まるとこは、そこから、また新たな道へ繋がるということです。

時計が止まることで、あなたにチャンスが巡ってきたのです。

是非そのチャンスを生かしてください。

「時計が止まる時」悪い意味での解釈

時計が止まることで、悪い知らせを受ける可能性もあります。

友達や親戚への連絡に気を付けてみてください。

まとめ

時計は人生そのものです。

後戻りはできません。

しかし、時計が止まるように、一時的に時を止めることができるかもしれません。

それがあなたへのチャンスの時です。

タイトルとURLをコピーしました