「時計が遅れる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「時計が遅れる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

ふと近くの時計同士を見比べてみると、片方が遅れていること気づくことがあります。

電池が消耗していたり時計が壊れたなど理由を考えますが、電池残量があっても遅れるのは不思議です。

果たしてスピリチュアル的な見方では、時計が遅れるとは何を意味するのかを確かめてみましょう。

「時計が遅れる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

空間のエネルギーが通常と違っている場所では、時計が狂うことがあります。

例えば地磁気の強い場所、ゼロ磁場、または別次元と接すると言われる聖域などです。

要するに時計が何らかの高いエネルギーを受け、狂っていることを意味するかもしれないのです。

それは人にとって良好なエネルギーの場合もあるし、悪いものかもしれません。

人の肉体と精神は生命エネルギーであり、それが時計などの精密機器に影響するとも言われます。

また時計は人の予定に関係したアイテムなので、時計の遅れはやるべきことの遅れや停滞などの象徴です。

たびたび調整しても時計が遅れるなら、生活リズムが本来の運命に戻されている意味があります。

「時計が遅れる時」のスピリチュアルメッセージ

もし電池が切れてもいないのに時計が遅れることがあったら、それは「あなたや周囲のエネルギーが乱れているよ」というメッセージです。

そして「生活のリズムを見直したほうがいいよ」とも伝えられているでしょう。

「時計が遅れる時」のスピリチュアル的な解釈

思いがけず時計が少し遅れていたことで幸運が訪れることもあるので、世の中分からないものです。

しかしあまりにも時計が遅るのは、ネガティブを招くことになるのは間違いありません。

「時計が遅れる時」いい意味での解釈

知らずと数分遅れた時計を使っていたら、数分前になにかの問題が起きていたけれど、遅れた時計のおかげで回避できたということがなかったですか?これは時計の遅れが返って幸福を招いたケースです。

ご利益や霊的な存在による守護にも関係するかもしれません。

時計が少し遅れているけどラッキーなことが起きたら、そのわずかな遅れたぶんのリズムが、本来のあなたにぴったりなのかもしれません。

わずか数十秒から数分程度遅れた時計なら、日常に支障はないでしょう。

ただ実際の時間からズレていることは、忘れないでください。

「時計が遅れる時」悪い意味での解釈

時計の遅れが数十分や数時間など大きな単位になると、さすがに日常生活に支障が出てしまうことになります。

本来は運命的に会うべきだった異性と、会えないこともあるので大変です。

時計の遅れは大きくなりすぎないよう気をつけてください。

まとめ

手元にある時計が遅れていることは、周囲のエネルギーの乱れや、生活リズムの見直しすべきことの現れでした。

そして時計が遅れて良いこともあれば、悪いこともあります。

遅れた時計がおすすめとは言いませんが、幸福をもたらす遅れた時計なら、欲しくなってしまいますね。

タイトルとURLをコピーしました