「月の周りに虹」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「月の周りに虹」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

夜空を見上げたら、月の周りに青や赤の虹が出ているのを目撃したことはないですか?

これは月光環と呼ばれる現象で、月にうっすらと雲がかかっているときに起きやすい光学現象です。

幻想的で癒される用な感じも受けるものですが、スピリチュアル的に言っても意味のある現象となっています。

「月の周りに虹」のスピリチュアルでの象徴や意味

晴れた夜に現れる月光環は、滅多に見ることのできない珍しい現象です。

特に月に1度はやってくる満月の日、月の周りの虹は現れやすくなります。

月は人にエネルギーをもたらすと言われますが、月の周りに虹が出た時には運気を高めるものです。

そのため見ると幸せが訪れるとか、幸せの前兆であると言われています。

今努力していることが報われやすいこともあり、時には思いがけない僥倖がやってくることもあるでしょう。

「月の周りに虹」のスピリチュアルメッセージ

もし月の虹を見ることがあったら、「これからラッキーなことが起きるよ」「願いが実現するよ」というメッセージです。

それによって人生は良い方に向かうことになります。

「月の周りに虹」のスピリチュアル的な解釈

いつか月光環を見ることがあったら、直後にどんな行動をするのかはとても重要です。

それによって幸福を引き寄せることになるし、逆に行動しなければ幸福は逃げていくこともあります。

「月の周りに虹」いい意味での解釈

予め満月の日を調べておくことで、月の周りの虹を目撃するチャンスを増やすことができます。

夜になったら必ず月を見上げる習慣を付けておけば、幸福に近づくことができそうです。

実際に月光環を見た後には、物事にチャレンジすることによって成功しやすくなっているかもしれません。

それは仕事、恋愛、生活などさまざまなことです。

月光環を見た後は、ポジティブな思考を持っていることでラッキーを引き寄せやすくなます。

月の虹を写真に撮って飾ってみたり、スマホの待受けに設定したりすれば、ずっとその良いエネルギーを維持することができそうです。

「月の周りに虹」悪い意味での解釈

もし月の周囲の虹を見た後に何も行動しなければ、その幸福なことをつかめないこともあります。

見た後にネガティブな思いで居続けることでも、そのラッキーは訪れないかもしれません。

まとめ

ある時の夜空の月の周りに虹が出ているのは月光環であり、見た人に幸福なことが起きるというメッセージでした。

頑張っていることが報われたり、思いがけない行幸があるのは嬉しいことです。

もし見る機会があったら忘れずに写真撮影をしてみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました