「月読命」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「月読命」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

日本には色々な神様がいて、私たちに大きな幸せを与えてくれます。

月読命の特別なパワーを調べていきましょう。

「月読命」のスピリチュアルでの象徴や意味

月読命は「つくよみ」と読みます。

神々しい神様のひとりで、イザナギという神様がつくったものとされています。

このとき誕生した神様は天照大御神、そして須佐之男命、さらに月読命です。

天照大御神が太陽の神、須佐之男命が海の神、そして月読命が月の神とされています。

夜と月を司っているので、とくに月夜の時間帯に力を授けてくれます。

ムーンパワーと呼ばれる力を与えてくれ、心の浄化と癒しをおこなってくれます。

またイザナギの右側の目から生まれたというエピソードもあるので「瞳の健康を守ってくれる」ご利益もあります。

「月読命」のスピリチュアルメッセージ

月読命は日本書紀にも登場する、とても恭しい神様です。

日本各地の神社には、月読命をお祀りしている社もあります。

もし近くの神社に月読命がお祀りされていたら、丁寧に手を合わせておきましょう。

月の神様なので、午後の時間帯や夕暮れに近い時間に訪れると、より多くのパワーを宿すことができます。

また月読命には「瞳を守る」そして「先を見通す」という、眼にまつわるご利益もあります。

眼の災厄から守ってくれたり、先を読む力を与えてくれ、エネルギーを高めてくれます。

眼の不調を感じるとき、そして心の迷いに揺れているときは、積極的にお参りをしておくと良いでしょう。

心を込めて願掛けをすると、あなたの願いに寄り添ってくれます。

「月読命」のスピリチュアル的な解釈

月読命のいい解釈と、気になる注意点を見ていきましょう。

「月読命」いい意味での解釈

月読命は古くから日本を守ってくれている、とてもありがたい神様です。

国中に災厄が訪れないよう、常に神々しいパワーを送ってくれています。

エリアによっては「農業の神様」と讃えている所もあるため、豊作祈願のために参拝する方もいるようです。

あらゆる人の願いを受け入れてくれる優しい神様なので、私たちに多くの福を与えてくれます。

「月読命」悪い意味での解釈

月読命は、お月様にゆかりのある神様です。

月の満ち引きなども、この神様がコントロールしていると囁かれています。

安産祈願や大漁祈願など、あらゆる運気を司っています。

日本を代表する神様なので、ぜひ一度は参拝に訪れておきましょう。

まとめ

月読命のスピリチュアルなパワーを見てきました。

日本書紀に登場する、歴史ある神様です。

月のパワーを司っていて、眼病平癒にもご利益があります。

いいジンクスを知って、パワーの多い日々に整えてください。

タイトルとURLをコピーしました