「服の好みが変わる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「服の好みが変わる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

いつもは選ばない洋服を着たくなる日があります。

服の好みが変わる時のジンクスを見ていきましょう。

「服の好みが変わる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

派手な洋服が大好きだったのに、モノトーンなどシンプルな洋服を着たくなる日もあります。

服のテイストが変わる時は、オーラが変わっている状態をあらわします。

自分の中にある心の色が変わっているので、それに見合った洋服にチャレンジしたくなるのです。

魂が今の環境や生き方に合わせてアップデートをおこなっているシグナルなので、前向きに受けとめていきましょう。

気持ちにあわせて、コンサバやフェミニン、モードと装いを変えていくと、魂の状態と噛み合って心地いい日々を過ごせるようになります。

より幸せに生きるための小さな改革が、好みの変化にあたります。

「服の好みが変わる時」のスピリチュアルメッセージ

アパレルショップに行った時、目に留まる服が今までとちがうことがあります。

「しっくりくる」と思える洋服が昔と変わっていた時は「あなたの成長」をあらわします。

色々な経験をして大きく育っているからこそ「昔の服が似合わない」と思うようになるのです。

気分が落ちついた時にクローゼットや衣装ケースの中を片付けてみましょう。

今の気持ちに合うもの、着たいものだけ残して、あとはすっきり処分するのもおすすめです。

もう袖を通さない服は、過去のあなたの大切な宝物。

「今までありがとう」と丁寧にお礼を言って、お別れしていきましょう。

「服の好みが変わる時」のスピリチュアル的な解釈

服の好みが変わる時のいい解釈と、注意点を見ていきましょう。

「服の好みが変わる時」いい意味での解釈

好きな洋服のテイストが変わるのは「良いことの前触れ」という見方もあります。

たとえば彼氏ができる時や職場が変わる時に、その変化をエスパーのように察知して、服の系統が変わることもあります。

楽しいことや嬉しいことが起きる前兆なので、気持ちを明るくしながら良いことを手に入れてください。

「服の好みが変わる時」悪い意味での解釈

「着てみたい」と思った服をいざ羽織ってみたら「何だかしっくりこない」と思える日もあります。

小さなギャップを感じた日は「成長段階」である可能性も。

なりたい自分に一生懸命に追いついていこうとする、プロセスをあらわします。

方向性は間違っていないので、色々なことを吸収しながら、なりたいあなたに変身していきましょう。

まとめ

服の好みが変わる時のジンクスを見てきました。

好きな洋服のテイストが変わるのには、きちんとした理由があります。

幸せの答えに触れて、あなたらしい日々を楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました