「松陰神社」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「松陰神社」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

勝利や志の気持ちを上げたいなら、東京の松陰神社を訪れてみてください。

1882年に創建された松陰神社は、思想家だった吉田松陰を祭神とする神社です。

幼少から聡明で学問に対する志を持ちながら、海外渡航の夢やぶれて30歳の若さで処刑されてしまった吉田松陰。

彼は学問の神さまとなったいま、神社を訪れる人にスピリチュアルな影響を与える存在となっています。

「松陰神社」のスピリチュアルでの象徴や意味

学問を追求し続けた吉田松陰を祭神とすることから、この神社に参拝することは頭が良くなれると信じられています。

試験の合格を求めていたり、能力のアップを願う人にはもってこいのところです。

松陰は困難なことにも勝ち気で立ち向かって行ったことから、「勝」のご利益を得られます。

また松蔭は強い志しを持って困難に立ち向かったことから、「志(こころざし)」のご利益も得られるところです。

吉田松陰は最終的に処刑されてしまいましたが、死後に山口県の松下村塾で彼の門徒だった人々が、明治政府の中心人物に成長しました。

そのことも影響して、開運や厄払いのご利益も高いと言われている神社です。

「松陰神社」のスピリチュアルメッセージ

これから松陰神社に参拝すると、神さまから「志し(目標)に進めばはやがて勝利につながるよ」というメッセージを受けることになります。

参拝するだけでなく、今取り組んでいることを諦めず頑張ることが必要です。

「松陰神社」のスピリチュアル的な解釈

本殿のほうに参拝をしたら、さらにご利益のあるものを取り入れるのがよいです。

ここでは学問のみならず、各種のご利益を得られるご祈祷やお守りが用意されているので、開運に役立つことでしょう。

「松陰神社」いい意味での解釈

もし松陰神社でご祈祷を受けることになれば、邪気を払い運気を上げることになります。

厄除け、合格祈願、お宮参りなど多種類があるので、検討してみてください。

この神社には吉田松陰にまつわる御札やお守りが各種揃っています。

「勝守」は松陰直筆の「勝」の字があり、弱い心に負けない勝ち気を得るものです。

「志守(こころざしまもり)」は松陰直筆の「志」の文字があり、初志を忘れず困難に立ち向かう心を得られます。

「大願成就 花まもり」は、願いを実現できることで人気のお守りです。

今の自分にぴったりなものを選ぶことが大切になります。

「松陰神社」悪い意味での解釈

仮に吉田松陰という人の人生を知らずに合格祈願を目当てに参拝しても、大きなご利益に繋がりません。

訪れる前には吉田松陰の生き様を学んでから、訪れると良いでしょう。

まとめ

信仰を集めて止まない世田谷の松陰神社は、目標を実現するにはぴったりな名所でした。

合格祈願はもちろんのこと、厄除けや開運などにもふさわしい場所です。

西日本ならば山口県萩市の松陰神社でも同じ御利益がありますので、ぜひ訪ねてみてください。

タイトルとURLをコピーしました