「桃」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「桃」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

とても甘くて美味しい桃は、時々食べたくなるフルーツです。

その樹木は春にピンクや白の花を咲かせてとても綺麗なので、見ても食べても良いものだと言われています。

そんな桃は古代から、スピリチュアル的にも非常に効果の高いものとして重宝されて来ました。

「桃」のスピリチュアルでの象徴や意味

古代の日本神話では、イザナギが投げた桃が黄泉醜女(よもつしこめ)を退けて逃げ切ったり、昔話では桃太郎が鬼退治をしていました。

桃は邪鬼を払い幸福をもたらすスピリチュアルな食べ物です。

古代中国の神仙思想では仙桃と呼ばれ、西王母の神話にある通り、神や仙人に霊力を授けて邪鬼を払い不老長寿を与えると信じられていました。

桃は木偏に兆しと書かれるのは、種子が2つに割れることがめでたい兆しであったからだそうです。

桃の花言葉を見ると「あなたに夢中」とありますが、これは桃が恋愛運を上昇させる食べ物ことが理由になっています。

「桃」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが桃を見たり食べたりする機会があれば、「邪気をはらって幸福をもたらすよ」「霊力を高めて能力を発揮できるよ」「恋愛運が高まるよ」というメッセージです。

人生の好転や成功に桃を取り入れてみてください。

「桃」のスピリチュアル的な解釈

桃のご利益を得る方法は幾つもあるので、興味があることを試してみるのが良いです。

しかし桃はネガティブなサインを出すこともあるので、その場合は注意が必要になります。

「桃」いい意味での解釈

桃の樹木を庭に植えることで、邪鬼を払って運気を高めて様々な幸福を得ることに繋がります。

場所がなければ、桃の木の盆栽を育てるのも良いです。

植えるのは無理でも、桃の木を使った飾りも同様の効果があるので、ぜひ飾ってみてください。

昔から桃の節句などで花を飾る風習がありますが、これは縁結びや子宝に恵まれるおまじないにもなっています。

また桃の実を食べることによって、その神気を取り込んで良いことが起きるとされるので、時々食べることを習慣づけると良いです。

桃の実を食べた後に行動を起こしたら、良い結果を招くことになるかもしれません。

「桃」悪い意味での解釈

桃が食べたく成るのは運気上昇の兆しですが、それを無視すれば得るものは何もありません。

食べた桃が不味かったら、運気低下のサインになっていることがあります。

そして育てている桃が枯れたり虫が付いたりするのも、運気が低下して良くないことの前触れになっている現象です。

いずれにしても、その後の行動には気をつけてください。

まとめ

見ても食べても素晴らしい桃とは、邪鬼をはらって幸福を得て、力をみなぎらせてくれるものでした。

桃を取り込めば、人生の好転に繋がる予感がしませんか。

果実を食べたり、グッズを飾ったり庭に樹木を植えたりして、ラッキーなことを引き寄せてみてください。

タイトルとURLをコピーしました