「橿原神宮」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「橿原神宮」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

歴史的な見どころが多彩な奈良で、神武天皇に興味があるなら橿原神宮はおすすめです。

橿原市の畝傍(うねび)山の東北にある神社は、明治天皇により明治23年に創建されました。

神武天皇が東征で辿り着いた宮の跡地と伝わっているところで、スピリチュアルな効果を感じたい方にはぴったりなパワースポットです。

「橿原神宮」のスピリチュアルでの象徴や意味

社殿のある畝傍山は標高198mの低山で、その名は火がうねることに由来しています。

その名の通りに古い時代の火山であるため、火と土と金を象徴するところです。

畝傍山と橿原神宮は、奈良盆地の大地の気の流れが集まるところと言われています。

そして橿原神宮でのご利益には、神武天皇に関わるものがあり、それは開運や勝運や出世運といったものです。

訪れて参拝をすれば、人生を良い方に変える効果を得られると言われています。

「橿原神宮」のスピリチュアルメッセージ

もし橿原神宮のほうに参拝が出来た場合のメッセージは、「運勢を良い方に導くよ」というものです。

もし今人生がぱっとしなかったり悪いことが続いているなら、橿原神宮で参拝してみるとよいでしょう。

「橿原神宮」のスピリチュアル的な解釈

この地を訪れたなら、背後の畝傍山と神宮、両方のご利益を求めることができます。

境内に入るだけでも運気を上げますが、神社のご祈祷やお守りなどのグッズにも注目してみてください。

「橿原神宮」いい意味での解釈

もし畝傍山に登ったら奈良盆地と山の絶景が楽しめて、大地のエネルギーを心身に取り入れることができると解釈できます。

カラスやハトの姿も見られる橿原神宮ですが、カラスは神武天皇を導いた八咫烏(やたがらす)で知られる通り幸福の象徴であり、ハトは平和と幸福をもたらす象徴です。

橿原神宮の境内で接したらきっとよいことがありそうです。

内拝殿にて玉串を賜りご祈祷を受けることで、邪気を払い幸福を手に入れることができます。

安産、厄除け、七五三、五穀豊穣など各種に対応しているため、利益は計り知れません。

授与所のお守りは心願成就、交通安全、良縁祈願、仕事運などありますので、今の自分の願いに合致するものを選ぶことで好転することになるでしょう。

「橿原神宮」悪い意味での解釈

参拝当日に畝傍山の登山をする場合、決してなめてはかかれません。

低山ですがコースはそれなりに長くなるし、季節によっては羽虫が多くスズメバチも生息しているためです。

登山の準備は入念にして挑んでみてください。

まとめ

大地のパワーをひしひしと感じ取れる橿原神宮は、参拝すれば人生が良い方に導かれるスポットでした。

境内で各種のご利益を求め、畝傍山の登山も安全に楽しんでみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました