「武蔵御嶽神社」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「武蔵御嶽神社」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

人里離れた山上にある武蔵御嶽神社は、東京でも屈指のパワースポットです。

武蔵御岳山の標高929mに位置する神社は、古代に創建されて以来、修験道の中心地として、天空の霊山として信仰を集めてきました。

ケーブルカーに乗って向かうことになる武蔵御嶽神社の、スピリチュアルな影響に迫ってみることにしましょう。

「武蔵御嶽神社」のスピリチュアルでの象徴や意味

朱塗りの本殿では多数の神を祀っていますが、8世紀より主祭神となるのが吉野山の神である蔵王権現です。

悪鬼や災いを払い、願いを成就し家内安全をもたらすと言われています。

櫛真智命(くしまちのみこと)は占いと知恵を授ける神、大巳貴命(おおなむちのみこと)は縁結びや建設や商売繁盛の神、少彦名命(すくなびこなのみこと)は病気平癒の神、日本武尊は厄除けや武運長久の神さまです。

また大口真神社の祭神は眷属のおいぬ様であり、火難除けなどの厄除けにご利益があると言われています。

おいぬ様は犬にもご利益があるとのことで、近年は犬連れの参拝者も目立っているところです。

「武蔵御嶽神社」のスピリチュアルメッセージ

これから武蔵御嶽神社に参拝することができれば、神さまから「あなたに憑いた邪気や悪運を取り払うよ」とか「さまざまな幸福をもたらすよ」ととのメッセージがあります。

そして犬を連れていけば「犬と幸せな日々が過ごせるよ」と伝えられるでしょう。

「武蔵御嶽神社」のスピリチュアル的な解釈

境内の山道を通れば、幾つものご利益の名所があるのも武蔵御嶽神社の魅力です。

それぞれに参拝してみたいですが、しかし霊山であることから暗い時間帯は運気を下げかねないので気をつける必要があります。

「武蔵御嶽神社」いい意味での解釈

むかしから武蔵御嶽神社には多数の摂社があり、それぞれで別のご利益を受けることもできます。

巨福社(こふくしゃ)に参拝できれば、埴山比売命(はにやまひめのみこと)から五穀豊穣や幸福のご利益があるとのことです。

北野社に参拝できれば、菅原道真の御神徳により知恵を授かり合格実現すると言われます。

むかしから巨福山と呼ばれた境内の土は、害虫などから畑を守り厄除けの効果が高いと信じられているので、入手してみるとよいです。

また櫛真智命のおみくじは縁起が良いと言われているので、是非引いてみてください。

「武蔵御嶽神社」悪い意味での解釈

ここは関東屈指の霊山であり、霊魂が集まる場所であることから幽霊の目撃が絶えないところです。

特に暗い時間帯に出歩くのは悪運を招くかもしれないので、行動するなら明るい時間帯を心がけたほうが良いでしょう。

まとめ

山の上にある武蔵御嶽神社とは、邪気を払い幸福をもたらしてくれるパワースポットでした。

犬を連れて日帰り旅行をしてみるも良し、江戸時代から続く宿坊に泊まって英気を養ってみるのもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました