「武雄神社」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「武雄神社」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

御船山にある武雄神社は、佐賀でも屈指のパワースポットです。

その創建は天平3年(735年)と古く、かつて源頼朝も霊験を得て源平の合戦に勝利したということでした。

そんな武雄神社のスピリチュアルな力は、果たしてどのようなものなのかに迫ってみることにしましょう。

「武雄神社」のスピリチュアルでの象徴や意味

白く美しい社殿の主祭神は武内宿禰(たけうちのすくね)です。

この神さまは長寿だったことで知られ、5世代の天皇に仕えたとの記録が残っているほどでした。

相殿神のほうでは武雄心命(たけおこころのみこと)、仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)、神功皇后(じんぐうこうごう)、応神天皇(おうじんてんのう)なども祀られており、五柱の神を合わせて武雄大明神と呼んでいます。

武雄心命は心に安定をもたらし、神功皇后は縁結びや子宝子育てのご神徳をもたらし、応神天皇は厄除けや戦勝をもたらすとのこと。

また境内は巨樹も生えている通り大地のエネルギーは極めて高く、境内を訪れると龍神の加護も得て波動を高めることができると言われています。

「武雄神社」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが佐賀で武雄神社に参拝したくなったら、「健康長寿をもたらすよ」とか「願い事が叶えられるよ」というメッセージです。

佐賀で人生を良いものにしたいなら、見逃せない神社になります。

「武雄神社」のスピリチュアル的な解釈

この武雄神社の境内にはとんでもなくありがたい見どころがあり、それぞれでご利益が高まるので訪ねてみると良いです。

しかし境内には怖いスポットも存在するので気をつけてください。

「武雄神社」いい意味での解釈

境内の大楠(おおくす)は樹齢3,000年とされる地元の天然記念物で、高さは30mあり幹周りは20mという堂々たる姿です。

拝むことで長寿や病気平癒など、龍神のご利益を得られるとされています。

また空洞には天神こと菅原道真が祀られ、頭が良くなり合格祈願にもおすすめされるところです。

夫婦檜(めおとひのき)は根本と上部で融合している2本の巨木であり、触れることで縁結びや夫婦和合はもちろん、人の縁を繋ぎ金運をもたらすとも言われています。

古来より伝わる「歩射(ほしゃ)みくじ」は、矢を放って輪を通ると満願成就する占いです。

ハズレても除災招福、無病息災に繋がるとのことで、訪れたら試したいものです。

また縁結びの宝来守、大楠の力を得られる大楠守などは人気があります。

「武雄神社」悪い意味での解釈

立派な大楠の御神木の空洞には天神さまが祀られていますが、入ることは厳禁となっています。

もし入ってしまうと、日本三大怨霊こと菅原道真の居場所なだけに、良くないことを招くことになるかもしれません。

まとめ

自然に満たされた武雄神社は、健康長寿や願いを叶えるパワースポットでした。

境内の大楠の御神木や夫婦檜など、興味深い見どころが多いところです。

佐賀を旅行するならぜひとも訪ねてほしい名所になります。

タイトルとURLをコピーしました