「歯が欠ける場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「歯が欠ける場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

何か食べている時に、ポロっと歯が欠けてしまう経験がありますか。

前歯が欠けてしまうと見た目も気になり嫌な感じです。

医学的に言うとカルシウムやリンという栄養素が不足したり、病弱になっていると考えられます。

ではスピリチュアルな視点では、歯が欠けることはどんな解釈が導けるかは気になるところです。

「歯が欠ける場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

どれかの歯が欠けてしまうということは、歯だけでなく体や心が弱くなっていることの象徴です。

そして歯の詰め物が欠けてしまう場合には、過去の自分からの変化や、立派に見せて生きている自分を考え直すべき時期を意味しています。

歯が欠ける部位でも意味が違うとされ、左側の歯の場合は運気の低下や悩みなどネガティブなことに繋がりやすく、右側の場合は運気上昇や問題の解決などポジティブに繋がりやすくなっています。

「歯が欠ける場合」のスピリチュアルメッセージ

もし不意に歯が欠けてしまった場合、「体が本来の調子ではないよ」「運気が低下しているよ」といったネガティブなメッセージの場合が多いです。

また自分の環境の変化があること、自分を考え直したほうがいいことが示されています。

「歯が欠ける場合」のスピリチュアル的な解釈

いきなりどれかの歯が欠けるのは仕方ないにしても、その後の対応によって運気は変動することになります。

特に問題が出た歯を放置するかしないかは、今後を占う上ではとても重要なことです。

「歯が欠ける場合」いい意味での解釈

もしどれかの歯が欠けてしまっても直後にすんなり予約や治療ができたなら、運勢はとてもよい状態を維持できていると解釈ができます。

ちゃんと直してもらうことによって、対人関係を始めとする運気はかなり上昇することになるでしょう。

「歯が欠ける場合」悪い意味での解釈

歯医者で治療を希望しても、予約が取れなかったり行きたくないことがあります。

それは欠けた歯を悪化させて悪い気を増やすことになるのでおすすめしません。

また放置して虫歯になることは、心にネガティブが溜まっている状態と解釈ができます。

まず放置することで、解決する方法にたどり着けていないのが問題です。

まとめ

歯のどれかが欠けるような場合には、運気の低下や体調が悪いことのメッセージでした。

また自分を見つめ直すべきことも伝えられています。

欠けてしまうと見た目や食べる上で問題が起きてしまう上、運気の低下を招くでしょう。

早めに歯医者さんに行って直して、ネガティブを追い払いたいですね。

タイトルとURLをコピーしました