「死んだトンボ」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「死んだトンボ」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

最近外を出歩いていて、死んだトンボを見かけませんでしたか?夏から秋に活発に飛び交うトンボは、縁起がよいと言われます。

とはいえトンボの死骸は何か良くないことの前触れのように考えてしまう人も珍しくありません。

しかしスピリチュアルな世界では、死んだトンボを見ることはポジティブに捉えて良いことなのです。

「死んだトンボ」のスピリチュアルでの象徴や意味

空を飛ぶ昆虫は神さまの使いと言われましたが、トンボも同様の意味があります。

トンボは先祖の魂を運ぶ存在とも、信じられて来ました。

またトンボは田んぼでよく見かけられることから、幸福や財産をもたらす縁起の良い虫の象徴になっています。

そんなトンボが何らかの理由で死んでしまった姿は時間に関係し、物事の終わりと始まりを意味することです。

言い換えれば問題が解決したり、変化が起きる前触れとなる出来事になります。

そして儚い生命が失われたことから、心を入れ替えて目標に進むべきことや、時間を無駄にせずに生きて行くべきという意味があります。

「死んだトンボ」のスピリチュアルメッセージ

ある日死んだトンボを見た場合には、「これから人生に変化が起きるよ」「あなたのトラブルが解決するよ」というメッセージです。

「時間を無駄にしないで頑張って」とも伝えられています。

「死んだトンボ」のスピリチュアル的な解釈

自宅の庭などでトンボの死骸に遭遇した後、前向きにチャレンジしていく行動が大切です。

しかし死んだトンボにも稀に良くない暗示が存在しているので気をつけてください。

「死んだトンボ」いい意味での解釈

目の前で鳥に食べられたりと、何かの理由でトンボが死んでしまったなら、いままさに心機一転の機運が来ていることの現れです。

何かに挑戦してみたり環境を変えると良い変化があるのでチャレンジの機会となりそうです。

野鳥やカマキリが死んだトンボを捕食している姿に遭遇すれば、問題解決がされて収穫が大きいことの現れかもしれません。

そして自宅に死んだトンボがあった場合、身近で変化が起きて新たな始まりがあるという暗示になっています。

「死んだトンボ」悪い意味での解釈

もし蜘蛛の巣に引っかかって死んだトンボを見かけたら、この先に変化があるけれどトラブルに注意というサインになります。

いつもより注意して過ごす必要がありそうです。

まとめ

とても縁起の良いトンボが死んでいる姿は、変化の前触れでありトラブル解決に繋がっているのでした。

トンボの死んだ姿を見た後は、前向きにチャレンジしてみてください。

何事も良い結果に繋がったら良いですね。

タイトルとURLをコピーしました