「死んでるヤモリ」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「死んでるヤモリ」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

過去に自宅などで、死んでるヤモリを見かけたことがなかったですか?

ヤモリと言えば縁起物とされてきた爬虫類ですが、それが死んでいるだなんて不吉だと思う人も多いはず。

そんな死んだヤモリは、スピリチュアルな解釈ではどんな意味があるのか、真相に迫ります。

「死んでるヤモリ」のスピリチュアルでの象徴や意味

ヤモリとは神さまの使いの動物で、家守なので家を守護することの象徴です。

そして子だくさんなヤモリは子宝や子孫繁栄の象徴であり、害虫を食べるために邪気を払ってくれるといった意味を持っています。

そんなヤモリが死んでしまうことは、悪いことが起きる前触れと考えられてきました。

病気で子宝に恵まれず、繁栄が滞って没落するような出来事があったり、邪気が払えずに家に悪いことが起きるとされたのです。

しかしヤモリの死はものごとの終わりを表し、新しく何かが始まることの予兆ともされていました。

「死んでるヤモリ」のスピリチュアルメッセージ

家の何処かで死んでるヤモリを見かけたなら、「家に何か悪いことが起きてしまうよ」「子宝や繁栄に問題が出るよ」というメッセージです。

また「何かが終わって始まるよ」とも告げられています。

「死んでるヤモリ」のスピリチュアル的な解釈

そんな死んだヤモリに遭遇した場合、その後にどういった行動を取るかが大切です。

きちんと対処すれば不幸は免れるし、逆に放置してしまってはトラブルを招き寄せてしまうことがあります。

「死んでるヤモリ」いい意味での解釈

例えヤモリが死んだ姿に出会っても、ポジティブに捉えることができればそれほど心配は無いです。

終わりを迎えるのは悪い波動を持つものであれば、その後は好転していくことも考えられます。

家で死んだヤモリが出現しても、同時に生きているヤモリを見かけたなら、家を守護する力は衰えていないことを意味しています。

死んでるヤモリを見たあとはきちんと土に埋め、ラッキーなアイテムや観葉植物を配置するなどで、邪気を払って開運するように心がけると良いです。

「死んでるヤモリ」悪い意味での解釈

死んでいるヤモリを放置することは、邪気を高めて波動の低下を招くことになります。

必然的に不運を招くことにもなるので、早めに土に埋めるなどの対処をすべきです。

頻繁にヤモリの死骸を見るようになったら、家に邪気が溜まっていて悪運に付きまとわれていることのサインになります。

病気になる可能性もあり、女性の場合は子宝を得られない示唆なこともあるので、健康状態には注意が必要です。

まとめ

縁起の良いヤモリが死んでいるのは、悪いことが起きるという予兆でした。

同時に何かのものごとの終わりと始まりも意味していたので、何がおきるかと気がかりです。

しかし自宅でヤモリが死んでいたとしても、適切な対処をして波動や運気を高めることが大切になります。

タイトルとURLをコピーしました