PR

「残り湯」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「残り湯」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

普段から残り湯を使って、お洗濯をする習慣を持つ家は多いです。

残り湯を使うことで上下水道代の節約になり、お湯がもったいない状態の回避ができます。

しかし残り湯を使った洗濯というのは、科学的にもスピリチュアル的にもあまり良くない影響があることのようです。

「残り湯」のスピリチュアルでの象徴や意味

お風呂の残り湯とは、人がお風呂に入った後の汚れた水です。

残り湯には髪の毛や垢や塵などが溶け込み、半日も放置していれば雑菌が増えてしまっています。

入浴する家族の数が多いほど、汚い状態になっているのは明らかでしょう。

風水や神道的に言えば残り湯とは邪気を溜め込んでいるものであり、洗濯に使うことで悪いエネルギーを衣類に移し、着る人の運気を下げて不運をもたらすものと考えられます。

だから残り湯がもったいないからと言って、安易に洗濯に使うことは良くないことなのです。

「残り湯」のスピリチュアルメッセージ

もし残り湯での洗濯に気が進まない感じを受けたなら、「残り湯を使うと邪気が衣類に付いてしまうよ」「残り湯での洗濯はやめて」というメッセージです。

残り湯を使うことについて、今一度考えてみる必要があります。

「残り湯」のスピリチュアル的な解釈

仮に残り湯を使う場合でも、一工夫をすれば問題がない場合があります。

そして住人の運勢は好転させる方法があるので、試してみると良いです。

「残り湯」いい意味での解釈

もしどうしても残り湯を使いたいなら、洗濯機に粗塩を入れると良いかもしれません。

塩には浄化や殺菌の作用があるので、残り湯の悪い状態を解消するのに役立ちます。

ただ塩は洗濯機を劣化させる難点があるので、桶で手洗いをする場合に、粗塩を入れた残り湯を使ってみるのが良いです。

残り湯で洗った衣類は雑菌が増えやすい状態は変わらないので、干すときに工夫をしてみてください。

例えば部屋干しや夜干しはやめて、必ず天日干しをすることです。

日光が衣類の浄化と殺菌を進めてくれることになるでしょう。

しかし結局は残り湯ではなく水道水を使ったほうが清潔な洗濯ができるので、残り湯にこだわらないことが大切です。

また入浴剤などが入っていない残り湯なら、庭の植物に撒くのは良い使い方でしょう。

「残り湯」悪い意味での解釈

もし残り湯を使う洗濯にこだわり続けてしまったら、常に衣類に邪気をまとうことになって不運を惹き寄せてしまうかもしれません。

まとめ

残り湯とは邪気を溜め込んだ水であり、洗濯に使うことはあまり良くないことなのでした。

しかし粗塩を入れて桶で手洗いをしたり、天日干しをすれば悪影響は回避できることもあります。

結局のところ洗濯するなら、蛇口からでる水道水を使うことが良いに越したことはないのです。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする
スピリチュアル辞典:DearHome