「氏神様」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「氏神様」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

地元の神社が気になることもあります。

氏神様にまつわるスピリチュアルサインを見ていきましょう。

「氏神様」のスピリチュアルでの象徴や意味

引っ越しをして新しい街を訪れると、その地域の神様が気になることもあります。

もともと氏神様というのは、それぞれの土地に暮らしている地元の神様をいいます。

そのエリアを管轄している、いわば支店のような存在です。

住んでいる家の近くにある神社、仕事先の近くにある神社など、居住地や仕事先とゆかりのある神様を氏神様といいます。

氏神様に定期的にお参りに行くと、神様のご機嫌が良くなり多くの福をあたえてくれます。

引っ越しや転職をして環境が変わったら、ぜひ「よろしくお願いします」と挨拶に訪れておきましょう。

「氏神様」のスピリチュアルメッセージ

氏神様はそこで暮らし、そこで働く人たちを幸せに導いてくれる存在です。

全国的に有名な神社に参拝することはもちろん大切ですが、日常の暮らしと密接に関わっている神様も大切に敬っておきましょう。

お正月の初詣はもちろん、引っ越しや転職、結婚などの「人生の節目」にもご挨拶をしておきたいです。

また「神吉日」と呼ばれる吉日に参拝をおこなうと、いい環境で参拝をおこなえます。

いい日取りを選んで神様と交流をもち、魂を清めてみてください。

清らかな心で手をあわせ「町を守ってくれていること」にお礼をすると、あなたのエネルギーも上昇していきます。

「氏神様」のスピリチュアル的な解釈

氏神様のいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「氏神様」いい意味での解釈

氏神様はその街を守ってくれる、地域とゆかりのある神様です。

暮らしている人に平穏な幸せを与えてくれます。

忙しい日々を送っていると、つい神様に対する感謝の気持ちを忘れてしまうことも。

定期的に氏神様を訪れて、自分が自分に戻れる時間をつくっていきましょう。

氏神様とお付き合いすることは、正しい自分を知るための大切なエッセンスになってくれます。

「氏神様」悪い意味での解釈

氏神様を「何でも屋さん」のように考えて、色々な願掛けをおこなうこともあります。

地域の門番として活躍してくれる氏神様ですが、わがままなお願いは聞き入れてくれないこともあります。

けっして私利私欲だけに走らず、清らかな心を大切にしていきましょう。

心を無にして手を合わせることで、穢れた気が洗われて安らかな気持ちになっていきます。

まとめ

氏神様にまつわるジンクスを見てきました。

氏神様は地域を守る、温和な神様です。

引っ越しで住まいが変わったら、ぜひご挨拶に伺っておきましょう。

幸せのヒントを知って、暮らしの質を上げていきたいです。

タイトルとURLをコピーしました