「水滴が当たる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「水滴が当たる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

ポタポタと上から水が垂れてくる、不思議な気分になることがあります。

水滴が当たる時のジンクスを見ていきましょう。

「水滴が当たる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

まるで雨に当たったかのように、首筋がヒヤッとする時があります。

しずくが落ちてきているようで、不思議な気分になります。

スピリチュアルの世界で水滴が当たる時は「静かな暮らし、行動」をあらわします。

優しくて温かい、水の妖精があなたの元についています。

水の妖精は、とても保守的な存在。

変えることより変えないこと、攻めることより守ることが大好きです。

そのため水に当たる感覚がしたら、何かを変えようとするより、今までの生活を守ることに注目してみましょう。

日常を大切にしていけば、もっと豊かな幸せに出会えます。

「水滴が当たる時」のスピリチュアルメッセージ

水滴が当たって、ひんやりすることもあります。

スピリチュアルの世界で水滴が当たる時は「今の生活を大切にしてください」というメッセ―ジを伝えています。

派手なことより、地味なことを丁寧におこなってみましょう。

きっと見てくれる人がいて、正しい評価をしてくれます。

すぐには成果が出ないことでも、続けていればいつかは大きな花が咲くこともあります。

一歩ずつ進むことを大切にしながら、今のライフスタイルを守っていきましょう。

丁寧な暮らしが、あなたをハッピーにさせてくれます。

「水滴が当たる時」のスピリチュアル的な解釈

水滴が当たる時のいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「水滴が当たる時」いい意味での解釈

寝ている時に天井からぽとんと、水が落ちることがあります。

空から落ちてきた水は、清らかな水をあらわします。

神様があなたの幸せをねがって、エネルギーを差し出しています。

これまで不調だったことは、すべて好調になっていくでしょう。

悩みが晴れていき、あなたの毎日は明るい空気で満たされていきます。

「水滴が当たる時」悪い意味での解釈

毎日のように、おでこや顔に冷たい感触がする時もあります。

このようなケースは「気付き」を与えています。

転職や引っ越しは少しだけ、延期にしておきましょう。

無理に変えることより現状維持に努めていく方が、楽しく日々をおくれそうです。

ゆっくり進んでいきましょう。

まとめ

水滴が当たる時のジンクスを見てきました。

このようなケースは、守りをあらわしています。

水の妖精に守られて、明るく暮らせそうです。

いい答えを知って、明日の未来につなげてください。

タイトルとURLをコピーしました