「水色」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「水色」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

青空の色は、とても自然的な色をしていますね。

大空の色にもなり、海の色にも代表的な色です。

そんなイメージをもつ水色は、見ているだけでも心が和む色。

白色が混ざっている分、透明的で自由な色が水色なのです。

スピリチュアル的には色は心のサインとされています。

そんな水色は一体どのような意味が含まれているのでしょうか。

水色がもつパワーを紐解いていきましょう。

「水色」のスピリチュアルでの象徴や意味

色の中でも水色は、青空・海の色に例えられよく使われる色となりますね。

絵をかく時には使う色の代表と云えるでしょう。

また、水色は「平和・冷静・誠実」という意味がある色なのです。

例えると、幕末に活躍した新選組です。

旗の色と重なって誠実な生き様を表している色といえます。

この水色は見るだけで、心と体をリラックスさせる色でもあり、スピリチュアル的には「開放感・自由・優しさ」の意味合いがあるのです。

また、母なる海の象徴とされている海の水色は、心の誕生とされ自信の心模様を表している状態でもあるのです。

夢の中で水色の穏やかな海であればその日は、吉日となるでしょう。

「水色」のスピリチュアルメッセージ

水色が放つスピリチュアルメッセージとして、開放的でストレスがない状態になっているといえます。

それは心の扉が開き瞑想の状態になっている証拠。

精神状態としてはチャクラが開き心と体が、スッキリしていて、新たなるゾーンに入っていく状態といえるでしょう。

「水色」のスピリチュアル的な解釈

水色のスピリチュアル的な解釈では、心模様となり自然そのものなのです。

生活をしている今の現状を表し、心の診断が色になっている状態と云えます。

心は空や海の様に、荒れる時もあれば、穏やかな時がある様に、水色は今の心の状態を表しているのです。

その事から荒れた海であれは、ストレスを抱えている状態になり、穏やかな時は前向きな心のサインと云えるでしょう。

「水色」いい意味での解釈

水色は優しい色であり心にある、ざらざらした感情が水で荒い流されていく色となります。

その事から水色は優しい気持ちの現れの色になるのです。

また心がざらざらしている時は、色は濃くなり白色が無くなってきている状態と云えます。

水色は心模様のサインだと感じましょう。

2-2. 「水色」悪い意味での解釈 悪い意味では、水色は開放的とされ、自由な色とされています。

その事から生活習慣やプライベートで自由過ぎてしまう面もあるのです。

特に嵐みたいに感情的になる一方、澄みきった無の状態になる事があります。

時として周りがあたふたしてしまう事があるので、注意が必要です。

まとめ

水色は大空と同じ色とあり澄んでいる色です。

誰しも見ているだけで心が和む事でしょう。

また自身の心模様を描いている色とあり周りにも影響を与える色でもあります。

その事から白い雲がかかって雨が降りそうな時には、心がざらざらしているサインとなり、心が落ち着く様になるまで休むことが良しとされます。

そうすれば、心が晴れ優しい気持ちを取り戻せます。

タイトルとURLをコピーしました