「池上本門寺」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「池上本門寺」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

もし東京で仏教の聖地に拝むとすれば、大田区の池上本門寺がおすすめです。

日蓮が入滅した場所に鎌倉時代に創建されたお寺で、日蓮宗の大本山となっているところでした。

東京でも屈指のパワースポット本門寺の、スピリチュアルな力がどんなものかに迫ってみることにします。

「池上本門寺」のスピリチュアルでの象徴や意味

創建されて以来池上本門寺は鎌倉時代より武士の崇敬があつく、徳川家の祈願寺にもなっていました。

大堂などの主要な施設では、むかしから宗祖である日蓮をお祀りしており、心願成就を叶えるお寺であると評判でした。

そして厄除けの力もあるとして、庶民の信仰を集めているところです。

また池上本門寺は良縁祈願にも導かれると言われているので、恋愛成就を目的とする人も訪れてみたいところです。

「池上本門寺」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが池上本門寺に参拝したいのであれば、「願い事を何でも叶えられるよ」とか「厄除けをして幸せに導かれるよ」というメッセージです。

波動を高めて心機一転、人生の好転を求める方にはおすすめします。

「池上本門寺」のスピリチュアル的な解釈

境内を歩いてみれば、幾つもの歴史的な見どころがあるのが池上本門寺です。

それぞれの場所ごとにご利益があるとされているので、ぜひ歩き回ってみてください。

「池上本門寺」いい意味での解釈

本殿は戦後にインドのネル-首相から寄贈された釈迦の舎利骨が安置された場所であり、拝むことで覚りに近づくことができ、心願成就のご利益があるとのことです。

日朝堂はかつて失明が回復した日朝を祀るところで、眼病平癒が成され、しかも学業成就も叶うと言われています。

浄行菩薩は自分の悪いところを洗えば回復するとのことで、病気のかたは試してみてください。

31. 8mもある五重塔は国の重要文化財でもあり、かつて徳川秀忠が病気になった時、乳母の正心院が病気平癒を祈願して実現したことから寄進した建物です。

病気平癒や武運長久のご利益があると言います。

また日蓮宗は「南無妙法蓮華経」を唱えることでお釈迦様に帰依することを意味しているため、それを心で唱えながら参拝すると良いでしょう。

「池上本門寺」悪い意味での解釈

もし池上本門寺に行きたい気持ちを無視してしまうと、叶えられるはずだった願いも叶わないことになり、もったいないことです。

また祈願しても効果がないのは煩悩など悪しき気持ちが悪影響をもたらしているためですので、祈願のためには心を清め、幾度も足を運ぶ必要があるでしょう。

まとめ

大田区にある池上本門寺は、心願成就や厄除けが叶えられるパワースポットでした。

境内は古くからの魅力があり、しかも季節ごとの花々が楽しめる池上梅園や本門寺公園などもあります。

休日には池上本門寺で過ごしてみては如何でしょうか。

タイトルとURLをコピーしました