「決められない時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「決められない時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

物事を瞬時に決められないことが、時々あったりしますよね。

いつも決めるのが苦手で、ごはんを何にするかも決められずに時間をかけてしまう人もいます。

家族や友人に怒られてしまいそうですが、そんな決められない時は、スピリチュアル的に何を表しているのかをご存知ですか。

「決められない時」のスピリチュアルでの象徴や意味

何かを決められずに迷ってしまうということは、あなたが後悔したくないことの象徴的な出来事です。

無意識のうちに失敗することを怖れている状態と、言い換えることもできます。

とても選択肢が多い時、選択肢が2つしかない時など、決められない状態はいつでも起こることです。

決められないと周囲が決めてくれることもありますが、周囲から責められたり何も出来ないなど運が悪い状態に陥ることもあります。

選択肢が複数あって決められないのは自分にとって同等の価値だからで、どれを選んでも大差ないという場合もあるでしょう。

また重大な決断で決められないのは、簡単に決めてはいけないことの現れだったりします。

「決められない時」のスピリチュアルメッセージ

もしわりと軽微な物事で決められない時がきたら、「どちらを選んでも構わないよ」とのメッセージです。

それが重大な決断ならば「時間をかけて」と伝えられています。

失敗を怖れないで」というメッセージもあるでしょう。

2. 「決められない時」のスピリチュアル的な解釈 ある時に決められない状態になっても、結局は運命ならばなるようになると考えられます。

その時に決断する方法を工夫してみると良いです。

しかし命に関わる決断だけは、適当なことはしないほうが良いかも知れません。

「決められない時」いい意味での解釈

お食事メニューなど軽微なことで迷って決められない場合、どっちでもいいから決めることで運気を上げることができます。

その場合は直感的に良いと思ったほうを選ぶことが大切です。

占いで決めてみるというのは、良いアイデアになります。

例えばメニューが決められないなら目をつぶって指差したものに決めたりすることです。

紙に書いて決める方法もあり、いったん選択肢を紙に書いてみれば、メリットとデメリットがよく見えてきます。

お土産が決められないなら、迷ったもの両方を買ってみても良いでしょう。

重大な決断ができないなら、筋トレやジョギングをして、気分を入れ替えてみることも効果的です。

「決められない時」悪い意味での解釈

気をつけたいのは命に関わる選択が、決められない時です。

適当に選ぶと死ぬかもしれないので、決められない状態は命を守る行動になっています。

決められないことはむしろ慎重さの現れであり、時間をかけることも大切です。

ただ悪い予感がするほうは、選ばないようにするべきでしょう。

まとめ

時々やってくる決められない瞬間とは、軽微なことならどっちでも良く、重大なことなら時間をかけて考えるべきというメッセージでした。

簡単な占いの結果に任せたり気分転換をすれば解決する場合もありますので、今後は試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました