「波長が合わない人」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「波長が合わない人」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

なんとなく気が合わないと思う人がいます。

そりが合わない人、波長が合わない人のジンクスを見ていきましょう。

「波長が合わない人」のスピリチュアルでの象徴や意味

話をしていて、何となく居心地が悪いと思う人がいます。

その内容に共感できなかったり、好きの方向が異なっていたりすると、ばつの悪さを感じます。

このように波長が合わない人は、スピリチュアルの観点ではエネルギーの温度差がある人をいいます。

属しているグループが異なるので、水と油のように相いれないこともあります。

こちらが調子を合わせて「仲良くしたい」と思っても、どことなく不調和音を感じてしまう相手です。

「波長が合わない人」のスピリチュアルメッセージ

波長が合わない人が近くにいると、居心地の悪さを感じます。

ちょっとしたことで口論になったりイライラを感じたり、心が落ちつかなくなります。

「全員の人と仲良くすべき」と思っていると、仲良くできない自分が悪いのではないかと苦しくなることもあります。

もしあなたの周りに波長が合わない人がいたら「そういう運命であること」を受けとめていきましょう。

もちろん断絶や絶縁など強い態度に出る必要はありませんが「無理して媚びを売る必要もない間柄」と覚えておきましょう。

もともと相いれない関係だと思っていれば、ソリが合わなかったとしても「進んでいる方向が違うだけ」と割り切ることができます。

目的地の違う二人が、たまたま同じバスに居合わせただけだと心得ておけば心も軽くなります。

バスの乗客同士であれば簡単な挨拶はするけれども、お互いのプライバシーをしつこく詮索することはないはず。

同様につかず離れずのいい関係を模索していきましょう。

「波長が合わない人」のスピリチュアル的な解釈

波長が合わない人のいい解釈と気になる注意点を見ていきましょう。

「波長が合わない人」いい意味での解釈

波長が合わない人がいるのは、自然の流れです。

エネルギーの温度や属しているグループそのものが異なることがあります。

水音を聞いて癒される人もいれば、炎の近くにいて落ちつく人もいます。

そういうタイプなのだと、いい意味で距離を取って考えていきましょう。

「波長が合わない人」悪い意味での解釈

波長が合わない人と無理に一緒にいると、付き合うこちらも疲れてしまいます。

ストレスがたまってしまい、自分らしさを失われることも。

お互いの生活を尊重するためにも「一歩引いたお付き合いをすること」も大切です。

自分らしく過ごすために、ベストな距離感を見極めておきましょう。

まとめ

波長が合わない人のスピリチュアルサインを見てきました。

このようなケースは、チャネルの不一致をあらわします。

いい解釈を知って、心地よいお付き合いのヒントにしてください。

タイトルとURLをコピーしました