PR

「泣く時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「泣く時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

ポロポロと涙がこぼれる日も、あるかもしれません。

泣く時の幸せのジンクスを見ていきましょう。

「泣く時」のスピリチュアルでの象徴や意味

いつもはニコニコ笑っていても、ある時ふいに限界がくることもあります。

気が付いたら涙が頬を伝わっているなど、涙腺が緩んでしまうこともあるものです。

スピリチュアルの世界で泣く時は「癒し、コントロール」をあらわします。

心に緊張のボールがたまっていると、いつしか洪水のように外に飛び出てしまうことがあります。

そうならないように「自分で自分を慰めるため」に涙は流れてくれるのです。

張りつめた気持ちを柔らかくする、優しい気持ちを戻してくれる、ゆとりを持って日々を生きていくなど、「涙」にはいいご利益も多く含まれています。

感動的な泣き方をして、心のストレッチをしてみてください。

「泣く時」のスピリチュアルメッセージ

予期せぬことがあると、涙があふれて止まらなくなるもの。

実は笑うことと同じくらい「泣くこと」は良いことです。

涙には自分自身を癒してくれ、あるべき方向に整えてくれる作用があります。

一方で「流した涙の数だけ、幸せがやってくる」というジンクスもあります。

辛いことが起きると、どうしていいか分からなくて泣いてしまうこともあります。

けれどもそうした「戸惑い」は今後あなたの大きな力になってくれることも。

時間の許す限り泣いて、あなたの魂を解放させてあげてください。

泣く前よりも泣いた後の方が癒されているし、大きく成長していきます。

「泣く時」のスピリチュアル的な解釈

泣く時のいいお知らせと、注意点を見ていきましょう。

「泣く時」いい意味での解釈

涙が出た後は、なぜか「手放した」という思いがして、すっきりすることがあります。

執着している気持ちが強いと、自分で自分を苦しめてしまうこともあるもの。

けれども泣くことによって、こうした「自分をいじめる気持ち」が無くなっていきます。

泣いた分だけあなたは身軽になっているので、嫌なことを何も考えず進んでみてください。

「泣く時」悪い意味での解釈

訳もなく涙がこぼれてきて、悲しみに暮れることもあるかもしれません。

また泣いた後にイライラが止まらないなど、情緒不安定になることも。

チャクラの乱れが出ているので「がんばらないこと」をモットーに過ごしていきましょう。

焦りが消えて、少しずつ優しくなります。

まとめ

泣く時のジンクスをお伝えしました。

涙があふれてくるのは、良いことです。

気持ちの整理をあらわすので、明るい宝石に気付いて元気に進んでみてください。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする