「流産」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「流産」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

お腹の赤ちゃんが天国に旅立ってしまうこともあります。

流産にまつわる幸せのジンクスを見ていきましょう。

「流産」のスピリチュアルでの象徴や意味

思いがけず、お腹の赤ちゃんとお別れをしなければならない瞬間もあります。

今まで一緒に過ごしてきた日のことを思うと、悲しくて色々なことが手に付かなくなります。

また赤ちゃんを連れたママを見ると「どうして我が家だけ」という、虚しい気持ちになるかもしれません。

スピリチュアルの世界で流産は「赤ちゃんの気まぐれ」をあらわします。

この世にいつ生まれてくるかは、神様と赤ちゃん自身が決めています。

「今すぐ出たいな」と思うこともあれば「もう少しだけ遊んでいたい」と思うこともあります。

小さなさじ加減で早くお産が始まる場合もあれば、お産が遠い日に延期されることもあります。

ママやパパに非はないので、自分を責めずに進んでみてください。

「流産」のスピリチュアルメッセージ

楽しみにしていた赤ちゃんがあの世にいってしまうと、この世の幸せを全部もっていかれた気分になります。

大切に揃えておいたベビー服、赤ちゃん用のグッズを見ると、とても辛い心境になります。

「どうして、私だけ」と卑屈な気分になりますが、決してパパやママに原因があるわけではないもの。

産まれてくるタイミングは赤ちゃん次第なので、小さな天使にすべてをお任せして、優しく運命を受けとめていきましょう。

赤ちゃんの気まぐれが直れば、またベストな時にあなたのお腹に遊びにきてくれます。

「流産」のスピリチュアル的な解釈

流産にまつわるいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「流産」いい意味での解釈

とても辛い流産ですが「幸せの始まり」というお告げもふくまれています。

ショックなことを経験した後には、それを超えるとてもハッピーなことが起きるものです。

可愛い赤ちゃんを抱っこできないのはとても悲しいことですが、それを上回る良いこともこの先いっぱい待っています。

あなたの心が落ちついたら、少しずつ動き出してみましょう。

「流産」悪い意味での解釈

流産すると気持ちが暗くなります。

「ママ失格なのではないか」と自分を追い込みたくなりますが、決してそうした状況を空の上の赤ちゃんも望んでいないもの。

可愛い赤ちゃんと再会できるように、明日からの日々は楽しいことをいっぱい計画していきましょう。

笑顔で過ごすあなたを見て、遠くない未来に赤ちゃんが遊びに来てくれます。

まとめ

流産にまつわる幸せのジンクスを見てきました。

スピリチュアルの点から流産は、赤ちゃんの気まぐれをあらわします。

原因を探そうとしないで、まずはあなたの心を優しく抱きしめてあげてください。

タイトルとURLをコピーしました