「深大寺」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「深大寺」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

日本各地には、色々なパワースポットがあります。

東京は調布市にある、深大寺のスピリチュアルパワーを見ていきましょう。

「深大寺」のスピリチュアルでの象徴や意味

おいしいお蕎麦と清らかな小川で有名な深大寺。

派手なお寺ではないものの、見る人を惹きつける大きな魅力もあります。

テレビのロケ地としても使われたことから、毎日多くの参拝客が訪れています。

深大寺のご利益は、厄除けと縁結びそして延命祈願です。

淡い恋が結ばれた神話になぞらえて「良縁を引き入れる」という嬉しい働きもあります。

境内にある授与所では、縁結びにまつわるお守りも販売されています。

このお守りには深大寺生まれの稲がはいっていて、小金色の稲穂のように豊かな幸せを授けるといわれています。

いつも持ち歩くバッグに忍ばせておくと、恋愛運と結婚運が上がるそうです。

「深大寺」のスピリチュアルメッセージ

深大寺は厄除け祈願、そして縁結びを願うことができる歴史あるお寺です。

小さな石段を上がっていくと、阿弥陀様がいる本堂やお守りを購入できる授与所などが見えてきます。

またこちらの境内には「なんじゃもんじゃの木」というユニークな木も植えられています。

明治神宮にゆかりがある神木で、毎年春のシーズンになると、雪のような美しい花を咲かせてくれます。

日本名では変わった名ですが、海外ではスノーフラワーの木として愛されています。

参拝のついでにお参りをしておくと、神様のパワーをおすそ分けしてもらえます。

「深大寺」のスピリチュアル的な解釈

パワースポットである深大寺。

いい解釈と注意点を見ていきましょう。

「深大寺」いい意味での解釈

深大寺の近くには川が流れて、おいしいお蕎麦のお店も数多く軒を連ねています。

水が湧いている箇所はいくつかありますが、その内のひとつは深大寺の境内にある不動の滝です。

東京の湧き水に選ばれているパワースポットで、龍の口から水がしたたり落ちる仕掛けになっています。

とても神々しいスポットなので、生命力を分けてもらいに参拝するのもおすすめです。

「深大寺」悪い意味での解釈

深大寺は人気の観光名所のひとつ。

ただ初めて行くと、基本的なマナーを忘れてしまうことがあります。

山門にはいる前にはできれば頭を下げて、仏様にご挨拶をしましょう。

境内のあちこちを巡る前に、清流で手を清めておくことも大切です。

まとめ

深大寺のスピリチュアルパワーを見てきました。

東京の調布市にある深大寺は、厄除けと良縁を授けてくれる、ありがたいお寺です。

おいしいお蕎麦を食べながら、ぜひ参拝してみてください。

タイトルとURLをコピーしました