「深川不動尊」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「深川不動尊」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

都心に近い門前仲町にある、深川不動尊にお出かけしたことがありますか。

深川不動尊は成田山新勝寺の東京別院で、元禄16年(1703年)に歌舞伎の市川團十郎が成田山でご利益を受けたのをきっかけに誕生した聖地です。

それ以来深川不動尊は、スピリチュアルな力の強いパワースポットとして信仰を集めています。

「深川不動尊」のスピリチュアルでの象徴や意味

本堂の4階に、本尊である不動明王が安置されています。

この明王は大日如来の化身であるとされ、祈願すれば煩悩を断ち切って悪い心を消してくれる、厄除けの力が強い仏さまです。

天井には立派な大日如来の天井画が描かれた場所があり、あらゆる邪魔を取り除いて幸福をもたらされることになります。

また本堂の2階には七福神が祀られていて、幸福招来や財運上昇などあらゆるご利益の期待できるところです。

同じフロアには四国八十八ヶ所のお遍路体験ができる場所があり、48か所の筒を回せば煩悩を消し去り開運を招き寄せる効果があると言います。

そして恋愛成就のご利益のある愛染明王などさまざまな仏さまの像もあって、そのエネルギーをいただくことも期待できるでしょう。

「深川不動尊」のスピリチュアルメッセージ

今後深川不動尊のほうにお参りができれば、仏さまにより「煩悩と邪気を払ってあなたを良い方にみちびくよ」とメッセージを受けられます。

同時に財運や恋愛成就などの「あなたの望む願いをかなえるよ」というメッセージも受けることになるでしょう。

「深川不動尊」のスピリチュアル的な解釈

境内には多彩な見どころがあるのも深川不動尊の魅力で、各種のご利益を得ることができます。

それぞれに参拝して運気を劇的に高めてみてください。

「深川不動尊」いい意味での解釈

旧本堂には樹齢500年のクスの霊木で作られたお願い不動尊があって、拝めば心願成就すると信じられています。

土日には護摩祈祷のあと直に触れることで、その効果を高められるでしょう。

深川龍神は水の神である龍神を祀るところで、五穀豊穣や大漁成就などのご利益を得られるとして、地元で信仰を集めています。

わらじ守り願掛けは、小わらじに願いを書いて巨大わらじにくくりつけることで、成就すると言われるスポットです。

また開運出世稲荷は成田山から勧請された神社で、拝むと商売繁盛のご利益はとても強いと言われています。

「深川不動尊」悪い意味での解釈

むかしから不動明王は信仰を忘れた者には罰を当てる、怖い神さまとして知られてきました。

一度深川不動尊に参拝したなら、ずっと不動明王に祈願をするのが良いです。

まとめ

厳かな雰囲気のある深川不動尊は、厄除けや開運招福の聖地でした。

毎月1日と15日と28日には縁日が開かれて、お土産や美味しいものが目白押しになります。

しかも門前仲町は商店街が充実し、富岡八幡宮という名所もある土地。

休日には観光で訪れてみて損はしませんよ。

タイトルとURLをコピーしました