「満月の日に頭痛がおこる場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「満月の日に頭痛がおこる場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

満月になると、頭が痛くなることがあります。

どのようなスピリチュアルサインがあるのか、調べていきましょう。

「満月の日に頭痛がおこる場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

明るい光を大地に届けてくれる、満月の夜。

天体ファンにとってはたまらない夜ですが、人によっては不調を感じることがあります。

満月の日に頭痛を覚えるのは、月の光に魂を興奮させる作用があるからです。

強い刺激を与えてしまうので、人によっては体調の変化を感じることもあります。

頭がのぼせて怒りっぽくなったり、こめかみに軽い痛みを感じたりします。

バイオリズムが乱れて、いつもと違う方向に向かってしまうので、このような違和感を覚えます。

「満月の日に頭痛がおこる場合」のスピリチュアルメッセージ

満月の日に異変を感じるのは、月光に大きな力があるからです。

魂に働きかけて、いつもより活発に動くように指令を与えています。

本来ベッドに入る時間に魂が興奮してしまうので、体と心のバランスが乱れて、頭痛などの不調を感じやすくなります。

体調が優れないときは無理をせずに、リラックスした時間を過ごすように心がけてみましょう。

大好きな音楽を聴いて意識を分散させたり、お香を焚いて香りに酔いしれたりするのも良いです。

また手や足にオイルを塗って優しくマッサージをすると、痛みが緩和されることもあります。

穏やかな時間を積極的につくって、魂をあるべき場所に戻していきましょう。

「満月の日に頭痛がおこる場合」のスピリチュアル的な解釈

満月の日に頭が痛くなる場合の、いい解釈と気になる解釈を見ていきましょう。

「満月の日に頭痛がおこる場合」いい意味での解釈

満月の日に頭痛がするのは、あなたが神聖なエネルギーを受け取っているからです。

心の感度がいいからこそ、自然界のエネルギーに敏感になります。

悪い意味が多い満月の夜ですが、ヨーロッパの地方によっては「幸せな日」として愛されています。

邪気を追い払うという作用もあるので、月の光を浴びると不思議と心が元気になっていきます。

対人面での淀みが消え去り、生活に大きな柱ができるようになります。

満月の日を境に、すべての物事が明るく切り替わっていきます。

「満月の日に頭痛がおこる場合」悪い意味での解釈

満月の日に頭痛がおこると、月が満ちるのが怖くなることもあります。

満月の日が近くなったら、いつもより心と魂を休めることに集中してみましょう。

決断は後ろにのばして、頭の痛いことはスルーすることも大切です。

ゆったり過ごしていけば、嫌な不調にも悩まされにくくなります。

まとめ

満月の日に頭痛がおこる場合の、スピリチュアルサインを見てきました。

月のエネルギーによって、魂が敏感に反応しています。

不思議なパワーに身を委ねて、幸せのヒントにしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました