「満月の時の頭痛」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「満月の時の頭痛」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

「満月の時の頭痛」の持つ「スピリチュアル的な意味・象徴・メッセージ」について詳しく説明していきます。

「満月の時の頭痛」のスピリチュアルでの象徴や意味

「満月の時の頭痛」はスピリチュアルな理論では、「本能的な欲望の急激な高ぶりとその抑圧」を象徴しています。

「性欲・生殖(子作り)に関する本能的な欲望が強まっている現状」「今はまだ子供を作るだけの時間・お金の余裕がないから無理の現実」が葛藤していることを意味しています。

「満月の時の頭痛」には、「潜在的な願望+長く内面で抱き続けてきた恋愛関係の想い」「差し迫ってきている現実社会の情勢」といった意味があります。

「満月の時の頭痛」のスピリチュアルメッセージ

「満月の時の頭痛」のスピリチュアルメッセージは、「子供が本当に欲しいという願望があるのであれば、その願望を実現するための具体的な相手探しやパートナーとの話し合いを進めてください」になります。

「満月の時の頭痛」は、「あなたの現世の人生で実現したいと想っているビジョンは、あなたが本気で実現に向けた行動・対話をすれば実現する確率が高いのです」といったスピリチュアルメッセージを伝達しています。

「満月の時の頭痛」のスピリチュアル的な解釈

「満月の時の頭痛」のスピリチュアル的な解釈には、「いい意味の解釈」「悪い意味の解釈」があります。

それぞれの意味の解釈を分かりやすく紹介していきます。

「満月の時の頭痛」いい意味での解釈

「満月の時の頭痛」のいい意味での解釈は、「子供のいる家庭を築きたいという無意識の欲望が現実化に向かって動き始める運勢」という解釈になります。

「今まで我慢して押さえ込んできた異性・家庭・子供に対する本音の思いや欲求」が勢い良く解放されることになります。

また、その欲求を前向きに受け止めてくれる「運命のパートナーとの出会い」の可能性も高まっています。

「満月の時の頭痛」悪い意味での解釈

「満月の時の頭痛」の悪い意味での解釈は、「自分で自分の本音の願望に嘘をつくような生き方を続けている現状」を意味しています。

「建前と本音の矛盾」によって、大きなストレスを溜め込みやすくなっています。

「これからの人生で自分がやり遂げたいことの優先順位」をはっきりさせてください。

やりたいことの上位にある出来事に、「恋愛・結婚・子育て(子供のいる明るい家庭)」があるのであれば、できるだけ早い段階で具体的なアクションを起こしたほうが後悔は少ないでしょう。

まとめ

「満月の時の頭痛」「スピリチュアル的な意味」を分かりやすく解説しましたがいかがでしたか?

「満月の時の頭痛」「象徴・スピリチュアルメッセージ」について詳細をリサーチしたいという人は、この記事の解説内容を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました