「瀬織津姫」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「瀬織津姫」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

もし瀬織津姫(せおりつひめ)が何をした人か知っているなら、あなたはかなりの神道通かもしれません。

瀬織津姫は神道における大祓詞(おおはらえのことば)に現れる神さまで、古事記や日本書紀に登場しない、水神や川神や祓神の種類になります。

今回は瀬織津姫がもたらすスピリチュアルな威力に迫ってみることにしましょう。

「瀬織津姫」のスピリチュアルでの象徴や意味

日本神話によれば、伊邪那美命(いざなぎのみこと)が黄泉の世界から戻ったあと、ヒムカの阿波岐原というところで禊ぎ祓いをしました。

その時に大禍津日神(おおまがつひ)や八十禍津日神(やそまがつひ)といった禍々しい災厄の神々が生まれ出たので、その災厄と穢れを祓うために祓戸四神が生まれたとのことです。

その中の一柱が瀬織津姫であり、葦原の中つ国にはびこるあらゆる罪や禍事や汚れを川や海に祓うことがこの神の役割となっています。

そのため瀬織津姫に参拝することで心身の浄化、厄除け、家内安全、開運招福に繋がるとして信仰されてきました。

「瀬織津姫」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが瀬織津姫に関わることがあれば、「あなたにまとわり付く悪いものや罪を浄化するよ」「悪いものを消し去り良いエネルギーを高めるよ」といったメッセージになります。

悪いことが続いている人にも、きっと運気の好転がもたらされるでしょう。

「瀬織津姫」のスピリチュアル的な解釈

瀬織津姫のありがたいご利益を受ける方法は、世の中には様々にあるものです。

自分にできることから初めて、心身の浄化に役立ててみてください。

「瀬織津姫」いい意味での解釈

各地にある瀬織津姫を祀っている神社に参拝することは、もっとも厄除けや浄化の効果を得やすいことです。

例えば石川県の瀬織津姫神社、東京の小野神社など多数あります。

また伊勢神宮内宮の荒祭宮は古来より瀬織津姫を祀っているとされていたので、お伊勢参りをしてみることも効果を得る方法です。

そして神主さんが祭祀で口にしている祓詞(はらえことば)を唱えることは、いつでも心身の邪気を祓い清めることに繋がるでしょう。

その祓詞は読むと言うより、内容を心で理解して口にすることで効果が高まるものです。

また瀬織津姫のお守りを持っていれば、気軽に厄除けと運気上昇につながることになります。

「瀬織津姫」悪い意味での解釈

もし祓詞を読み間違えた場合、効果が無いとは言わないまでも本来の祓い清める力が減退してしまうことになります。

そのため祓詞は一字一句、正確に読み上げる必要があるものです。

まとめ

大祓詞に登場する瀬織津姫とは、心身の浄化や厄除けの力を持っている神さまでした。

近所で祭神とする神社に参拝するも良し、祓詞を唱えてみるのも効果を高めます。

何か嫌なことばかりの方は、ぜひ瀬織津姫の力にあやかってみてください。

タイトルとURLをコピーしました