「熱田神宮」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「熱田神宮」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

年間700万人もの参拝者を集める熱田神宮は、名古屋で随一のパワースポットです。

古代の仲哀天皇の頃に創建されてから地元で熱田さんと呼ばれるところで、かつて織田信長も参拝したと言います。

そんな熱田神宮のスピリチュアルな力の根源を、確かめてみることにしましょう。

「熱田神宮」のスピリチュアルでの象徴や意味

神話によれば、素盞嗚尊(すさのおのみこと)が八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した時、尾から草薙剣を見つけて天照大神(あまてらすおおかみ)に献上したと伝わります。

主祭神は三種の神器となっている草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)ですが、熱田神宮によればこの剣自体が天照大神の化身であると言われています。

また相殿のほうでは天照大神、素盞嗚尊、日本武尊、宮簀媛命、建稲種命(たけいなだねのみこと)が祭神です。

こういった祭神が影響しているため、参拝すると縁結びや縁切り、出世や開運、金運上昇、厄除けと病気平癒といった様々なご利益が得られるとされています。

「熱田神宮」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが熱田神宮に参拝したいと思ったら、「人生を好転させるよ」「良い縁に導かれるよ」などのメッセージです。

願いを叶えたい方は確実に訪ねてみてください。

「熱田神宮」のスピリチュアル的な解釈

歴史ある熱田神宮には多彩な見どころがあり、それぞれで色んなご利益を受けることができるのは大きな魅力です。

境内を隅々まで歩いてご利益を高めていくのが良いでしょう。

「熱田神宮」いい意味での解釈

本殿の周りにはこころの小径(こみち)が通っていて、ここを歩くことで神気を得られると言われています。

境内の大楠は樹齢千年で弘法大師お手植えという伝承が残るものです。

大楠に触れたりすれば大地のエネルギーを得られ、金運が上がるとも言います。

清水社は湧水のあるところで、かつて平影清という武士が目の病気を治したとの話があり、眼病の回復に良いところです。

信長塀は日本三大土塀で、信長が勝利を祈願して叶ったので寄進したもの。

勝ち運を授かると言われています。

学業成就を求めるなら上知我麻神社、交通安全の祈願をするなら下知我麻神社です。

境内にはお休み処の清め茶屋があり、こしあんのきよめ餅と抹茶により心身を浄化できるとのことでぜひいただいてみてください。

「熱田神宮」悪い意味での解釈

ご神体である草薙剣は霊力がみなぎる剣で、接した人祟ると怖れられてきました。

そのため熱田神宮はエネルギーが高く、訪れると体調が悪くなるという方もいるようです。

またカップルで熱田神宮に参拝すると別れるという噂も存在していますが、その理由の根源には草薙剣が人の縁を切る力を持つことにあるようです。

気になる方はカップルでの参拝はやめるべきでしょう。

まとめ

古代から信仰された熱田神宮は、縁結びから金運上昇まであらゆる願いを叶える神社でした。

境内には歴史ある見どころが多く、観光する価値とご利益も絶大。

もし名古屋を旅するなら確実に参拝するプランにして、運勢を上昇させてください。

タイトルとURLをコピーしました