PR

「爪をケガする時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「爪をケガする時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

手足の爪が欠けてしまうなど、指先が気になる時もあります。

爪をケガする時のジンクスを見ていきましょう。

「爪をケガする時」のスピリチュアルでの象徴や意味

フライパンを落とした、階段でつまずいたなど、思わぬアクシデントも起こります。

とくに爪が紫色になってしまう、欠けてしまうなど「爪のケガ」は気になるものです。

スピリチュアルの観点から爪をケガする時は「もっと、自分を大切にしましょう」というメッセ―ジがあります。

「私だけが我慢すればいい」と自己犠牲の気持ちを抱いていると、こうしたケガが起こりやすいです。

他人に愛を与えることは充分すぎるくらい、できています。

今度は自分のために、愛を使ってあげてください。

バランス良く過ごしていけば、きっとあなたに温かい光が降り注ぎます。

「爪をケガする時」のスピリチュアルメッセージ

爪の様子がおかしくなることもあります。

スピリチュアルの世界で爪のケガは「自分に優しくするタイミング」をあらわします。

爪は心や魂の状態を、もっともよくあらわすスポットです。

そのため限界がくると、自分の体をはって私たちに不調を教えてくれることがあります。

爪をぶつけて痛みが生まれてきたら、得た痛みの分だけ休んであげましょう。

また手抜きをしたり、他の人にお願いしたり、要領よく生きることも大切です。

もっと自分に優しく過ごして、チャクラの流れを良くしていきましょう。

「爪をケガする時」のスピリチュアル的な解釈

指先のケガにまつわる、いいお知らせと注意点を見ていきましょう。

「爪をケガする時」いい意味での解釈

小さなケガをして、すぐに元に戻ることがあります。

こうした時は「願いが叶う」というお知らせです。

あなたの抱いていた思いが、もうすぐ叶っていきます。

好きな人と両想いになれる、お金持ちになれる、欲しい物が手に入るなど、プラスの運気になっていきます。

「爪をケガする時」悪い意味での解釈

繰り返し爪をケガして、みじめな気持ちになることもあります。

このような時は「魂の疲れ」をあらわします。

リフレッシュができていないと、あなたを休ませるために、繰り返し手先のケガをすることがあります。

気分転換のために遠くに出かけるなど、自分のために過ごす時間を見つけてみましょう。

きっと小さな事故が減っていきます。

まとめ

爪をケガする時のジンクスを見てきました。

このような時は、自分に優しく過ごすメッセージをあらわします。

いいお知らせを知って、幸運の架け橋にしてみてください。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする