「犬が欲しくなる場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「犬が欲しくなる場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

犬が欲しくなる気持ち、突然現れたものだと何か意味があるのか、と不思議な気持ちになりますよね。

実際にはどんな意味があるのか、スピリチュアル的な観点で詳しく解説していきます。

「犬が欲しくなる場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

犬とは人間に忠実で、無条件の愛情を与えてくれる存在です。

飼い犬は特にその傾向が強く、とても高い波動を放っている高エネルギーな存在でもあります。

人間を愛してくれる、癒してくれる最高の存在ともいえるでしょう。

そんな存在を欲しているということは、「愛情を求めている」「太陽のエネルギーを欲している」という意味合いがあります。

なぜ「太陽のエネルギー」なのかというと、犬は昔から「太陽のエネルギー」を象徴していると言われてきた動物だからですね。

「犬が欲しくなる場合」のスピリチュアルメッセージ

「愛情や、太陽のエネルギーを求めている」というメッセージです。

あなたは潜在的に愛情に飢えていたり、暖かなエネルギーや行動力を求めているのですね。

ネガティブなのか、ポジティブなのかで解釈が異なるので、これから詳しく見ていきましょう。

「犬が欲しくなる場合」のスピリチュアル的な解釈

孤独を感じていたり、潜在的にエネルギー不足を感じているようです。

また、自立心が大きくなっていることや、自立がある程度進み基盤が整ったサインでもあります。

「犬が欲しくなる場合」いい意味での解釈

前向きな気持ちで犬が欲しい場合は、「自身の成長」「基盤が整った」と解釈できるでしょう。

自分の生活基盤が整い、自分の力で自信を守れるようになったことを意味しています。

お金や生活に余裕が出来てきて、守るべき存在や刺激を求めているとも取れますね。

どちらにせよ、あなたが十分に成長したことを象徴しているのです。

生活に十分な余裕があるのなら、新たなパートナーとして犬を迎え入れても良いかもしれませんね。

「犬が欲しくなる場合」悪い意味での解釈

寂しい、孤独感、虚無感などを紛らわせるために犬が欲しいと思う場合、「愛情を求めている」と解釈できます。

自覚がなくても、一人きりの生活や仕事ばかりの毎日に疲れてきてしまっているのかもしれませんね。

犬よりもまずは他者との心温まるふれあいの方が必要な時にあります。

友人や家族、恋人やパートナーと向き合う時間を取ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

犬は人間を癒してくれる存在です。

前向きなのか、ネガティブなのかで意味合いは大きく変わってきます。

あなたが本当に欲しいのは犬なのかどうか、そこを一度見つめなおしても良いかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました